TOPページへ < 基礎情報 < アセスメント

保健師のアセスメント

転職サイトランキングはコチラ!

ここでは、保健師のアセスメントについてわかり易くお伝えしています。まず、アセスメント(assessment)とは、「課税」「査定」「評価価値」「分担金」を意味してます。

日本では、「評価」「査定」の意味で用いられ、「対象が周囲に及ぼす影響の評価をすること」「開発が環境に与える影響の程度や範囲、また対策について、事前に予測・評価すること」などをさします。ですから、保健師のアセスメントとは、保健所や乳児院での保健指導や健康管理を行う影響により、与えることの出来る評価と言う意味になります。

保健師の活動は、地域社会での保健・福祉活動がメインで家庭介護教室や母親学級、メンタル相談など、人対人で行うカウンセリング形式が多い仕事内容です。そのため、自分自身のメンタルバランスが崩れやすかったり、正しい知識を身につける努力を怠った場合、相談者に良い影響を与えることが出来ない為、地域住民からの評価は下がる一方です。

立派な保健師として地域社会に貢献するには、ストレスに負けない身体作り、専門技術をしっかりと習得する姿勢、常に多くの人々に良い影響力を与える存在でなければいけません。こういった、当たり前のことを当然のごとく行う保健師の方は、周りからの評判や、地域住民からの信頼も高く絶大な評価を得て、楽しく仕事を行っています。

保健師活動に関する必要な技術要素を書きに掲載しておきます。

・疫学の方法論を説明できる
・各種保健統計の意味を理解して、地域診断に活用できる
・保健師が行う地域診断の目的を理解している
・地区踏査を行い、地域の概要を把握できる
・地域の基本構造をアセスメントする視点を理解し、身体的・精神的・社会文化的・環境的な基本的データを説明できる(人口静態・構造(家族を含む)、人口動態、経済、政治、教育、コミュニケーション、運輸・安全など、保健医療福祉システム、自然環境、地理的環境、歴史、価値規範)
・地域における対象者の健康状態をアセスメントするための身体的・精神的・社会文化的・環境的な基本的なデータを説明し、その所在が分かる(全般的健康指標、母子保健データ、成人保健データ、高齢者保健データ、感染症関連データ、保健行動・保健意識に関するデータ )
・地域の既存の一次データ、二次データを収集し、比較分析できる
・地域の保健師活動から得られた質的データをアセスメントに活用できる
・対象者の声を聞き、アセスメントに活用できる

これらの要素を十分に理解し、積極的に学び行動に移したものが立派な保健師であると評価されるのです。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ