TOPページへ < 地域別 < 千葉

地元優先の採用も

転職サイトランキングはコチラ!

千葉における保健師求人では、圧倒的に行政保健師が多くみられます。行政保健師は市区町村単位で募集されていますが、採用人員は人口に比率して決められているため、大きな変化は見られません。

しかし法改正による「保健師ウエーブ」はここでも顕著で、新しく介護・福祉系への業務が加えられているようです。それまでも、保健師は介護や福祉に関わってきているのですが、特筆されたところに「法改正」の影響が感じられます。

一方、地方自治体では地元に暮らす人を優先して採用する傾向があります。県や大都市などではなく、町村単位の自治体でその傾向が顕著になっています。地元にUターンし保健師として働きたい人は、姑息な手段かもしれませんが、住民票は応募したい町村に移しておいた方が有利かもしれません。

一方、千葉は東京のベッドタウンとしての側面を持っていますが、東京からはみ出したかたちで企業が林立している県でもあります。大手企業のなかには過密な東京から逃げ出して、地代などの固定経費の削減を狙っているところもあります。そうした企業のなかで、従業員数が多いところは産業保健師を設置する傾向が顕著になっています。しかし、産業保健師の一般公募は少ないため、求人情報の入手は困難と思われます。公募していない企業の求人情報は、転職サービスに登録することで得ることができます。

転職サービスでは常に新しい産業保健師の求人情報を入手しています。これらの情報を閲覧するためには、まず転職サービスに登録することから始めましょう。転職サービスの得ている求人情報は産業保健師だけではありません。それぞれが任意に募集している地方自治体の求人情報も全国単位で入手しています。保健師のなかでも行政保健師や産業保健師にこだわる人は、転職サービスが持っている情報を閲覧し有効に利用しましょう。

転職サービスに登録するだけで、これらの貴重な情報を閲覧することができるのです。また、就職や転職の申し込みをすると、プロのコンサルタントが、希望の職場をキャッチするまで丁寧に道案内してくれます。登録やその後のサービスが全て無料というのも嬉しいシステムになっています。千葉地区では今回の大地震の影響で、不幸にも土地が液状化した地区がありました。一日も早い復興がのぞまれます。またその地区での産業保健師の採用は見送られる可能性があります。行政保健師は従来通りの募集となっています。

千葉の保健師求人を探すならこの転職サイト!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
公式サイト ナース人材バンク詳細はコチラ

※年間登録者数10万人を超えるナース人材バンクは看護師転職業界でTOPクラスの人気サイトです!!
2008年度には年間の転職先紹介者数が日本でNO.1になりました。もちろん保健師の転職にも対応していますので、ぜひご利用してみてください。

ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
公式サイト ナースフル詳細はコチラ

※リクルートのグループ会社が運営する、最近CMでも見かけるようになった『ナースフル』。科目別や沿線別に検索できるので、お目当ての求人が見つけやすいです。看護師専門のアドバイザーが入職までを徹底サポートしてくれるので、あなたの転職の希望をコンサルタントに伝えてください。希望に近い求人を紹介してくれます。初めての方でも安心してご利用できるので、ぜひ登録を。

ランキング 保健師転職サイト第3位
サービス名 ベネッセMCM
対応エリア 全国
公式サイト ベネッセMCM詳細はコチラ

※上記の2社に比べると看護師の転職サイトとしては知名度は低いですが、運営会社がベネッセグループということもあり、『ベネッセMCM』は人気急上昇中の転職サイトです。サービスも上位2つに負けていないです。一人ひとりとのコミュニケーションを大切にしているベネッセグループだからこそできるサポートが受けられます。入職後も、気軽に相談ができるのも、ベネッセならではです。無料ですので、一度お使いください。