TOPページへ < 地域別 < 四日市市

四日市市内の保健師の求人・募集事情を知りたいなら!

市名 三重県四日市市
四日市市の人口 31万4453人(2012/1/1現在)
四日市市内の主な保健施設 四日市市保健所:四日市市諏訪町2-2
四日市市保健センター:四日市市諏訪町2-2 …etc

※四日市市内で求人をお探しの保健師の方は、保健師の求人を取り扱っている転職・求人エージェントをご利用されてみて下さい。希望している医療機関の募集・採用状況などの情報が見つかりやすいです。下記のランキングやサイドバーでは保健師の求人を取り扱っている転職サイトをご紹介しています。現在、看護師の年間登録者数が最大級のナース人材バンクやリクルートグループのナースフルなどが人気です。

四日市市内の保健師求人を探すならこの転職サイト!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
公式サイト ナース人材バンク詳細はコチラ

※年間登録者数10万人を超えるナース人材バンクは看護師転職業界でTOPクラスの人気サイトです!!
2008年度には年間の転職先紹介者数が日本でNO.1になりました。もちろん保健師の転職にも対応していますので、ぜひご利用してみてください。

ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
公式サイト ナースフル詳細はコチラ

※リクルートのグループ会社が運営する、最近CMでも見かけるようになった『ナースフル』。科目別や沿線別に検索できるので、お目当ての求人が見つけやすいです。看護師専門のアドバイザーが入職までを徹底サポートしてくれるので、あなたの転職の希望をコンサルタントに伝えてください。希望に近い求人を紹介してくれます。初めての方でも安心してご利用できるので、ぜひ登録を。

ランキング 保健師転職サイト第3位
サービス名 ベネッセMCM
対応エリア 全国
公式サイト ベネッセMCM詳細はコチラ

※上記の2社に比べると看護師の転職サイトとしては知名度は低いですが、運営会社がベネッセグループということもあり、『ベネッセMCM』は人気急上昇中の転職サイトです。サービスも上位2つに負けていないです。一人ひとりとのコミュニケーションを大切にしているベネッセグループだからこそできるサポートが受けられます。入職後も、気軽に相談ができるのも、ベネッセならではです。無料ですので、一度お使いください。

【コラム】保健師と東日本大震災への取り組み

先に起きた東日本大震災において、保健師はどのような役割を担い、活動したのでしょうか。今まさに保健師を目指して活動している人、また、今後、保健師資格を取得する予定のある人、などにとっては、注目すべき活動内容でしょう。

まず、東京都は被災地へ保健師チームの派遣を行ったようです。東京都の福祉保健局の平成23年5月13日付けの発表によると、「都は、特別区、市町村と連携し、東日本大震災の被災者に対する健康相談を行うため、岩手県宮古市、宮城県気仙沼市、宮城県石巻市へ保健師チームを派遣しています。」とあります。

第1班では立川市保健師1名と東大和市保健師1名、第2班では府中市保健師2名、とわずかながらも保健師が被災地に派遣され、地域住民に対して、健康相談、健康チェック及び衛生対策などを行ったようです。

被災直後などは、震災のショックや、家族や家などの喪失感による不眠症、鬱(うつ)などの問題が深刻化したそうで、その中での保健師のニーズは、高まる一方だったようです。避難生活を強いられている被災地の人たちに対しての活動は、保健師の腕の見せ所といったところだったことでしょう。

「心の負担は見えにくい」と言われており、体調の観察を通して、精神的な異常を見出す保健師も多かったようです。

また、このような自然災害時における保健師の役割として、多くのマニュアルが作られています。こういった自然災害はいつ何どき起きるか分からないために、このようなマニュアルや、日ごろからの研修への参加が、緊急時に役立つと言えるでしょう。

避難所で生活している場合、エコノミークラス症候群・風邪・破傷風の予防・対処法等について保健指導を行う必要があるようです。

→→人気ナンバー1の保健師の転職サイトはコチラ!!