TOPページへ < 基礎情報 < 臨床経験

保健師の臨床経験

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の仕事で企業の健康管理を担任する職業もあります。即戦力を求められることが大いのが企業です。ほとんどの企業は、医療関係の仕事以外がメインであるため社員の健康や検診といった仕事がメインとなる保健師は、1人いるくらいです。ですから新卒で育成してくれるシステムはほとんどありません。

これがその企業のメインビジネスである場合は、ちゃんと育成していくのですが。産業保健師をを必要としている企業では、工場などを併設しているところがほとんどで、産業医が常駐している企業はほとんどありません。だいたいが契約産業医が多く、定期的に訪問してくれるようです。

工場などがある企業では、災害やケガなどがしょっちゅうあるのは困りますが、何かあった時の対処に関して高い技術を求められます。企業のたくらみとしては、保健師がしっかり社内でケアしてくれたら、病院にかかることもなく労災の負担が少なくなります。

企業が悪いわけではなく、保健師の判断で病院に行くほどでもなく、応急処置でも問題がない場合と、保健師として不安だからすべて病院に連れて行くという違いです。保健師がしっかり判断できて高い技術を持ち合わせていることが、企業では最大のポイントです。

企業の保健師としては、突然の突発的な対応が必要となるため臨床経験は少なくないほうがいいわけです。実際、採用担当者からすると臨床経験が最低3年くらいあるひとを採用したいという意見もあるようです。

企業の保健師をしているとさらに新たな知識が必要となり、メンタルヘルスケアが必要になってきます。企業では最近社員の数を減らしつつ業績は上げなくてはいけないので、社員にストレスが高くのしかかってきていますので、うつになる人も増えているようです。

そんな心のケアが、企業では求められている保健師像であるようです。怪我や病気などとなると入院など、改善策がわかりやすいですが、心のケアとなるとどの施設でどのように回復を図るかというのは、とてもナイーブな問題になります。そんな心のケアを企業内で納めることができるというのは、企業の考えとしては十分あります。

保健師の転職を成功に導いてきた、転職紹介サービスではこのような、企業が求める人材なども含め、求職者の経験などから一番いい条件や希望の条件の仕事選びを手伝てくれます。それは、求人をだす施設や企業のことを知り尽くしたからこそできるサービスで、求人雑誌などの情報だけ提供するところとの大きな違いです。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ