TOPページへ < 学校保健師 < 大学の採用方法

大学の保健師採用方法

転職サイトランキングはコチラ!

保健師として働くにはいろんな採用試験があるのですが、保健師といっても目指す保健師によって様々です。大学の保健師を目指す場合、公立学校の場合は、公務員試験となりますので一般教養のほかに専門知識の筆記試験や面接試験が行われます。私立学校の場合はそれぞれの学校の基準によりますが、面接はまず実施されることでしょう。

専門知識は、保健師であればそうそう難しいことではないでしょうが、一般教養になってくると範囲が広く、数学や英語、政治経済といった分野にまで及びます

保健師の種類としては行政保健師や産業保健師、学校保健師に分かれるのですが、行政保健師の採用試験は公務員試験となりますので、二次試験、三次試験まである場合が多く、筆記試験では地域看護学、疫学、保健統計、福祉行政論となっており、面接試験や論文、集団討論などが盛り込まれていて、なんと面接が二度ある場合が多いです。

産業保健師の場合、企業ごとに採用試験の内容が変わります。もちろん面接試験はありますが、企業についての知識を問われることがあるそうですので、事前に企業のことをしっかり把握しておくことが必要です。産業保健師で企業を目指す場合は、その企業のことを熟知するのはもちろん、その企業が将来どこに向かっているのかというような、先のこととその先に自分が見えるかどうかといったことも想定しておく必要があるでしょう。

福祉施設や病院勤務の保健師の場合、保健師の知識以外に人柄などが重視される傾向にあります。病気や怪我に対応する能力や老人においての心遣いに及ぶまでが必要とされます。保健師だけではなく、あらゆる職業において、採用される人というのは、高い専門知識と努力、向上心と人柄というのは、変わりません。

保健師の採用方法としては、結局その転職先に委ねられ、面接の占める割合が高いということもあります。しかし保健師は面接が苦手な人も多いと聞きます。面接では、よく見せる必要はありません。ありのままの自分でいいのです。とはいっても面接が日常の生活にはそうそうないので、人生においても数少ないものであります。

転職紹介サービスでは、模擬面接などのレクチャーもしてくれるところがほとんどです。心配なら何度でも納得いくまで模擬面接をして、自信を付けるというのが最短でしょう。保健師としての面接で聞かれることは、大体絞られてきます。転職紹介サービスではそんな情報が新鮮ですし、その転職先ごとにアドバイスをくれるから採用件数も高いのです。

学校保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ