TOPページへ < 学校保健師 < 大学の募集

大学の保健師募集状況

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の資格を取得して働く環境といえば本当に幅広くあります。学校の保健師という仕事もありますが、学校保健師は、学校保健法という法律によって、教育の現場で健康や保健を任されます。学校の保健師といっても小学校、中学校、高等学校、専門学校、大学まであり、小学校、中学校、高等学校では、看護教諭が保健を担当し、大学などは、保健師の資格をもったが担当します。保健師資格があり養護教諭免許ももっている人は、すべての教育現場で働くことができます。

看護教諭免許と保健師の資格を持っていて小学校や中学校、高等学校で働くには、各自治体の教員採用試験に合格しないといけません。

小学校、中学校の教員募集に関しては、少子化の傾向で統廃合が進んでおり、教員採用に関して募集数は減少しています。大学の保健師の募集も減少しています。教員の採用においては採用試験をクリアしても、それは養護教諭免許を取得したのみで、お声をかけていただけないと実際学校に入ることはできません。

看護教諭免許を取得して採用された場合、学年担当を持つこともあり、学年担当を持つと、最低3年長くなると6年は転勤できません。大学の保健師ではそういった、枠はないので、安心です。

大学の保健師として働きたい場合は、なかなか情報を入手することも困難ですが、転職紹介サービスでは、保健師の資格を持っていて養護教諭の資格はまだ、だとかでも登録するだけであらゆるサービスを受けることができますので、登録しない理由はありません。自分ではなかなか見つけられない求人情報も、信頼のある転職紹介サービスにはたくさんあります。学校保健師は業界的にみても、ニーズのある職業です。

学校保健師は、学校保健法に基づき、学生や教職員の心身の健康管理、健康保持増進する仕事で大変やりがいもあるので、募集を見逃さないようにしたいですし、転職紹介サービスで登録して逆指名で、大学の保健師として活躍できることを楽しみにしたいです。

学校保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ