保健師の現状

転職サイトランキングはコチラ!

保健師は、所定の専門教育を受け、地区活動や健康教育・保健指導などを通じて疾病の予防や健康増進など公衆衛生活動を行う地域看護の専門家です。保健師助産師看護師法第三条によれば、その定義は、「保健師とは、厚生大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者をいう」とされています。

この条文の前半部分の「厚生大臣の免許を受けて保健師の名称を用いて」という文言からは、保健師の資格は国家資格であり、資格取得者以外の者にその資格の呼称の利用が法令で禁止されている、名称独占資格であることがわかります。しかし、あくまでも名称独占資格であって、特定の業務に際して、特定の資格の免許等を取得している者のみが従事可能で、資格がなければその業務を行うことが禁止されている、業務独占資格ではないので、医師、歯科医師、養護教諭、栄養士などが適切な保健指導を行う場合は法的な問題はありません。

後半部分には、「保健指導に従事することを業とする」とありますが、保健師の業である「保健指導に従事する」とは、具体的にはどういうことなのでしょうか。保健師というと、やはりすぐに思い浮かぶのは、学校の保健の先生でしょうか。学校の保健の先生の仕事を思い起こしてみれば、保健師は、保健師の指導する人々が病気にならないよう幇助していくのが主な仕事といえるでしょう。具体的には、健康教室の開催、健康相談、健診、訪問などが挙げられるように思います。

保健師は、その活動する場所によって、「行政保健師」「産業保健師」「学校保健師」の3つに分類されていますので、それぞれ詳しくみていきましょう。行政保健師とは、行政、即ち、国家や各自治体にて活動する保健師です。行政保健師はさらに、保健所に勤務する保健所保健師と、市町村に勤務する市町村保健師とに分かれています。保健所保健師は、保健サービスの提供、危機管理など、専門的・広域的な保健業務が主となっています。一方、市町村保健師は、市町村の保健センターなどで、乳幼児から老人まで幅広い年齢層を対象として、身近な保健・福祉サービスを提供しています。

産業保健師とは、主に企業などで活動する看護師です。企業戦士の生活習慣病の予防やメンタルヘルスへの関わりなど、産業保健師は企業において大変重要な役割を担っています。

学校保健師とは、学校で活動する保健師です。学校保健法に基づき、その学校に通う生徒のみならず、教職員の健康促進などにあたっています。初等、中等課程における養護教員には、必ずしも保健師の資格がなくてもなれますが、保健師の資格を持つ養護教諭の需要が高まっているのが現状です。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ