TOPページへ < 基礎情報 < 男女比

保健師の男女比

転職サイトランキングがコチラ

保健師の資格を取得した方は全国で見ると約4万人という結果が出ております。また、保健師資格取得のための23年度の保健師受験者数はおよそ14000人。合格者数は全国でおよそ12000人と合格者率は8割近くに上っていることがわかっています。その中でも、男女比率で考えると女性の方が圧倒的に多く、全体の8割を占める言われています。保健師さんのイメージとして、女性という意識が高い職業となっているのはその通りで男性はやや少ない傾向にあります。

また、近年では特定検診制度(メタボリックシンドローム検診)などが開始されてから、保健師の需要はグンと伸びています。しかし、実際のところ保健師不足が出ていますので、一人でも多くの方が保健師という職業に興味を抱き資格取得を目指して欲しいものです。

そもそも、保健師国家資格を取得するには看護資格試験を受け、合格していなければ保健師の資格試験を受けることができません。保健師資格の合格率は8割以上と高い水準ですが、保健師資格を取得するまでの過程がもっとも難関だと言えるでしょう。保健師として活躍する場所は、役所保健師、学校保健師、企業保健師など様々ございます。しかも、安定した職業でもありますので医療関係で働きたいとお考えの方でしたら是非、保健師を目指してください。

保健師という職業は、看護師のように女性が圧倒的に多い職業です。ですが、看護師の世界でも男性の手が不足しているのと同様に保健師の世界でも男性の手が不足しています。保健師の就業先は実にさまざまございますので、キャリアアップの一環として男性の方も保健師の道をたどってみては如何でしょうか?保健師も看護師も女性が多く活躍する現場ではありますが、保健師そのものは不足しているといわれており、今後女性保健師に限らず、男性保健師の存在も増えてくるかは疑問ですが、保健師という職業はやりがいも安定も保障されている職業でもありますのでそういった意味で男女問わず保健師を選択する方も増えてくるかもしれません。

やはり、保健師を目指すのに大きな難関は、保健師助産師看護師法による看護師国家試験を取得し、尚且つ保健師国家試験の合格が無ければ保健師として認められないことでしょう。もし、あなたが保健師として目指すと決めた際は相当な覚悟をしておきましょう。家事や家族サービスを行いながらの資格試験勉強となりますので相当なストレスや負担はかかってくるはずです。しっかりと勉強が出来る体制を整え保健師資格試験を取得しましょう。

現在、保健師国家試験にはおよそ1万人〜1万3千人前が受験されています。そのため毎年8割ほどの保健師が誕生していますので今後の合格率は年々下がっていくことも予想されます。しかし、特定健診制度が日本で開始されてからは、保健師として活躍する場が増えております。これからは女性の保健師だけではなく男性の保健師も活躍の場が期待できますよ。

保健師を取得して初めて就業する場合、未経験として扱われる為、一般の求人情報ではなかなか面接まで漕ぎ着けるも大変な状況です。当然、人気の高い行政保健師などは倍率も高いのですぐに就業するのも難しいでしょう。なので、さまざまな求人情報を得て保健師として活躍できる場を見定める必要があります。スムーズな転職活動を支援してくれる、医療系転職支援サービスをご利用ください。

医療系転職支援サービスでは、看護師や保健師、助産師など看護師の資格を取得している人を対象として積極的に就業を斡旋してくれる会社です。

転職活動時に面倒な交渉事や事務手続きなども代行してくれますので、時間の節約にもなります。また、非公開求人での案件も豊富ですのであなたの思い通りの高待遇な職場も期待できます。しかも、転職支援サービスの利用料は一切無料となっていますので今すぐにでもご登録して求人をご覧になってみてはいかがでしょうか?

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ