男性の保健師

転職サイトランキングがコチラ

保健師といえば、女性が就業しているイメージをお持ちのことだと思います。よって、そのイメージどおりで男性の保健師はまだまだ少数となっているのが現状です。あるデータの結果では全体の保健師の中の5%程度しか男性の保健師は存在しません。

男性保健師のが誕生して、まだ16年ほどですのでこのパーセンテージでも納得いたします。ですが、男性の保健師に需要が無いのかと言うと別の話です。実際、わが国日本は現在、保健師不足で苦労しているのです。男性の保健師でも喉から手が出るほど欲しいでしょう。

確かに、よくよく考えてみれば男性の保健師の方に母親教室や赤ちゃん検診で女性の方が相談しやすいのかと言うと「相談しずらい…。」「女性の方が良かった…。」といった結果になるでしょう。もちろん、逆のバージョンも合って女性の保健師の方に男性の悩みを打ち明けることは、恥ずかしいものです。だから、五分五分という訳です。

現状では、男性の保健師は5%と少ないので需要と供給のバランスも取れ始めていますので今がチャンスなのかもしれません。もし、看護師を受験しようと決意された方なら、看護師からのキャリアアップとして保健師を狙ってみては如何でしょうか。男性の保健師は少数なので、思わぬ好条件の職場が出てきて採用される可能性が十分にあります。

保健師を目指す方法としては、大学を目指すのもひとつの方法です。男性の方であれば将来経済力の安定が絶対的に必要になります。だから、看護系の大学を卒業すれば、看護師も保健師も両方取得できる条件がそろい、学士号も取得できるため教育者の立場に立てるかもしれません。

保健師の仕事は、大企業でも必要とされていますし、国の保健機関での仕事に就ける可能性だって十分にあります。男性として経済力を持つには、看護系の大学を卒業しておくほうが就職するにあたって選択肢が多く、のちのち後悔することは無いでしょう。

また、男性の保健師は看護師の実務経験を積むことなくストレートで就業することのほうが多く在るようです。それもそのはず、男性の看護師自体が少数であり、男性の保健師となるともっと少数派になるからです。だから、運よく男性の保健師を募集している企業を見つけたら直ぐにでも応募するべきです。

男性の保健師は少数ということもあって、現場では悩みを抱えることも多いようです。それは、男性の先輩保健師が少ないことから、上司が女性であることが殆どだそうです。女性と男性の仕事の考え方はかなり違っていますので、やり方に慣れるまでは苦労をするかもしれません。性格が合わなさ過ぎて、トラブルに発展したということもしばし聞きます。

もし、男性の保健師が活躍している場所で就業をしたいお考えでしたら『医療系転職支援サービス』を利用してみては如何でしょうか?医療系転職支援サービスなどでは、保健師業界経験の豊富な専任のキャリアコンサルタントが無料で相談に乗ってくれるところも多いので、悩みを打ち明けてみると、良いアドバイスを頂ける場合があります。

登録料は一切無料となっていますので、一人で悩まず相談することから始めましょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ