保健師の就職先の探し方

転職サイトランキングはコチラ!

保健師が仕事を探すときにどうしても先に考えるのが保健組合や検診センター、企業などがあります。保健師資格取得のための在学中には自治体の保健師や検診センターの求人が少し届くだけで、企業や保健組合の求人はほとんどないそうです。在学中の人は卒業と同時に仕事を見つけたいという思いはあると思いますが、求人情報を取得する手段がなかなかないようです。

保健師や看護師の仕事は、求人誌ではなかな探すことができないのが実情です。ハローワークなどに求人が来ていることもありますがそのエリアのみの情報で、自宅近く以外の求人は探すことができません。そうなると、結果的に求人が来ている施設の数も少なくなってきます。手っ取り早く、仕事を探すことができるのは転職紹介サービスです。一度みてみるといいのですが、1万件以上の求人情報を持っているところもあります。また、キャリアアップのための転職であったり、単純に年収アップといった条件で仕事を探すこともできます。

さらに、一般の求人情報と違い、登録後に専任のアドバイザーがついてくれるので、履歴書だけのデータだけではない転職ができます。たとえば、経験が数年以上という応募条件があったとした場合、求職者本人も応募を諦めてしまうでしょうし、募集元も経験の少なさで採用することは難しいと思われます。しかし、転職就職紹介サービスでは応募条件を満たしていなくても、その人のやる気や将来性を感じ、求職者もその施設で働きたい気持ちが熱いのであれば、交渉をしてくれることがあるのです。ですから、自分一人の転職よりはるかにレベルの高い転職ができます。履歴書だけをみて決める施設であれば、何も転職紹介サービスで求人を出す必要はないのです。一人採用する料金だけを考えると求人情報を出すほうがはるかに安いのです。

求人広告を掲載するには媒体ごとに異なりますが2万円くらいからあります。転職紹介サービスは掲載料金は必要がありませんが、1人採用した場合に、その人の年収の10%〜30%を紹介料として施設は支払います。年収が400万円と安く見積もっても10%で40万円です。ということは、どういう人が欲しいかというと、履歴書だけではわからない部分をアドバイザーという第3者のフィルターをかけて募集したいということです。

そして、採用した人が半年以内に退職してしまうと紹介サービス会社は紹介料を返金しなくてはならないので、転職紹介サービスは、求職者の年収をより高く設定して、長く続けてくれるように仕向けなくてはなりません。 ですから、採用をさせるために事実と違う甘い条件で仕事を紹介したりしないのです。その結果、入職してからこんなはずではなかった・・・と思うことが少なく、離職率が低いのです。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ