TOPページへ < 職場【その他】 < 国家公務員

国家公務員の保健師

転職サイトランキングはコチラ!

国家公務員の保健師は、一般公務員の給与と比べてみると高い水準でした。平成19度の国家公務員の保健師・助産師・看護師などの給与等の実態調査の結果によると、推定平均年収は528.9万円で、均給与月額:32.1万円、ボーナス:144.2万円でした。このことからも、国家公務員の保健師を目指す人たちが多くなることは納得できます。

国家公務員の保健師の男女比ですが、看護師と同様に女性の割合が圧倒的に多い職業です。最近では特定検診の導入もあって保健師の職業が知られるようになってからは、男性の方も保健師を目指す方が増えています。

国家公務員の保健師は、勤務時間が一定であることから、過剰労働になることも無く、拘束時間も短いことが特徴ですね。それに比べて、産業保健師のような企業内で働く保健師さんは、企業にあわせた勤務時間となるので残業になることもあったり、従業員の相談も仕事後が多いなど…。何かとストレスのかかる職種です。

国家公務員の行政保健師や学校保健師などに就労することが出来たら、定年退職のときまで働けるので安心感が非常に高い職種です。そんな背景もあって、国家公務員の行政保健師や学校保健師など、安定性もあって人気が高いのでしょう。

ですが、保健師は資格を取る事自体大変な努力が必要とされます。更に、国家公務員の資格試験は日本の難関試験ベスト3に選ばれているほどです。国家公務員の資格試験は一年に1回しか行われておりませんので、前もった試験対策をしておくべきでしょう。現在の日本では、保健師不足が深刻化されています。今の社会において、保健師と言う職業は必要な存在です。まだまだ保健師は女性の割合が多いですが、男性の方にも沢山参入していただき、男女ともども保健師を目指して国家公務員試験に合格し就労していただきたいものです。ですが、国家公務員試験に合格したからと言ってウカウカもしていられない現状があります。

行政保健師の採用はほんの数人と少ない為、国家公務員試験に合格したからと行って全員が行政保健師になれるわけではありません。最近の自治体の動きとして、保健師の仕事は外部に委託することが多い傾向にありますので、求人数も少ないです。そんな競争率の激しい行政保健師の就職先を探すのに、独自の力だけではライバルに先取りされてしまい、悔しい思いをしなければいけません。

もっと効率的な転職・就職が可能な『医療系転職支援サービス』を利用してみては如何でしょうか?

転職支援サービスなどでは、看護師資格を取得している人たちの就職を斡旋するため、まずあなたがどのような職種に付きたいのか、どんな希望や待遇を望んでいるのか、保健師を目指した目的を持っているか等のカウンセリングを行います。後日、専任のコンサルタントがあなたの希望に沿った求人情報を提案してくれます。気に入った場合は、すぐに面接の段取りや事務処理を開始してくれるので、無駄な時間をすごすことなくスムーズな転職活動を行うことが可能です。

また、医療系専門の転職支援サービスは登録からコンサルタントのカウンセリング、転職・入社・入社後まで一連の流れは一切無料となっていますので安心してご利用頂けます。行政保健師として働く意欲を持っているあなたの為に、医療系転職支援サービスは力を貸してくれますよ。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ