TOPページへ < 行政保健師 < 年収・給料

行政保健師の年収・給料

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の資格を取得する上で、看護師の資格を取得していることは絶対条件です。一般的に看護師の給与水準は、女性の中では高い方だと言われています。国税庁の調べによると、女性の平均給与得の平均は約270万円だそうですが、それに対して、看護師の平均年収は約470万円だそうです。その差200万円とですから、やはり、看護師の給与水準は高いと言わざるを得ないでしょう。冒頭述べたように、保健師であるためには看護師でなければいけません。

保健師の国家試験受験資格を取得するためには、4年制の看護大学などで、看護師と保健師の統合カリキュラムを学ぶか、3年制の看護短大や看護専門学校などの課程を修了してまずは看護師の資格を取ったうえで、さらに保健師学校などで学ばなければいけません。いうなれば、保健師の資格は看護師の上級資格であるわけですが、給与という観点においては、そんなに変わらないようです。

保健師は、その業務の特性上、常日勤であることが多く、看護師の平均年収を高くしている夜勤手当等がないのがその原因でしょう。看護師の勤務先のほとんどが病院であるのに対し、保健師の活動の場は様々であり、その活動の場によって保健師の種類も次の3つに分かれます。保健所や地域の保健センターなどで活動する行政保健師、産業医などと連携をとって、企業の健康管理センターなどで活動する産業保健師、小中学校の保健室や大学などの保健管理センターなどで活動する学校保健師です。行政保健師は公務員ですから、当然、賃金体系も公務員の賃金体系です。

たとえば東京都人事委員会のホームページによれば、4年制大学卒(T類 B)の保健師の初任給は189,000円、3年制の短大卒(U類)は181,400円となっています。これは、上場企業の大卒初任給とほぼ同等か若干低いくらいですが、公務員という安定した地位があるのは何にも変え難いことです。保健師は、公務員の中でも医療職ということになります。事務職に比べ人数も少なく、役職自体が少ないですから、頑張りに応じて役職がどんどん上がっていくということは望めないかもしれませんが、給与は年々上昇していくようです。

一般企業で働く産業保健師に比べ、公務員である行政保健師の待遇が良くないのではないかという意見もあるようですが、先にも書いたとおり、公務員としての地位や安定性などトータルで考えれば、行政保健師の待遇は良いといえるのではないでしょうか。

行政保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ