TOPページへ < 産業保健師 < 健康管理室

健康管理室の保健師採用について

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の仕事でやりがいを感じないという人が結構いるそうです。その理由の大半保健師らしい業務に就くことができない。自分の力がどこに反映されたのか分からないといいます。しかし、保健師の仕事でもエリアを狭めた産業保健師はどうでしょうか。企業の中で社員の健康管理をします。ですから相手とする人は限られた人で、みな成人している健康な人たちです。

健康管理室などといわれて、いわば企業の保健室みたいなところです。会社員のケアしなくてはいけないことというと、メンタルヘルスとメタボリックシンドロームです。これらを良好にすることで会社の業績も左右されます。かなり大きなやりがいではないでしょうか。

また、限られた人なので健康計画も立てやすいし、同じ職場の人間ということもあり反発感も少ないのではないでしょうか。そんな健康管理室での保健師採用枠は本当に少ないのが実情です。企業内に健康管理室を構えているのは、たいてい大きな企業です。中小企業ではなかなか専任で雇えるところはありません。そして、企業に1人か2人といった定員数です。定年の60歳くらいまで仕事を続ける人がほとんどでしょう。条件的にも週休二日制で残業はほとんどないということもあり、なかなか求人情報がでない職種です。

健康管理室の保健師の採用は、企業の採用試験を受けることになります。これは一般教養がほとんどであとは面接重視になります。やはり社員とコミュニケーションを取ってもらうことが一番の仕事となりますし、実質1人で計画して判断する必要がありますから、経験者が好まれる傾向にもあるようです。健康管理室の保健師として採用されるには、狭き門を通過しなくてはいけません。しかし何より大変なのは求人情報を探すことです。このように募集人数が少ない求人は公に出ることは少なくて、保健師に特化した転職就職紹介サービスで非公開として扱われることがほとんどです。

非公開の理由としては、人気の職種は応募が殺到して人選に時間がかかってしまうこともあり、この人っていうのを紹介してほしいと思っているからです。非公開の求人は転職就職紹介サービスに登録すれば見ることができますので、健康管理室のの保健師として仕事がしたい人は必見です。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ