TOPページへ < 職場【保健所】 < 保健センターとの違い

保健所と保健センターの違い

転職サイトランキングはコチラ!

保健所や保健センターは、地域保険法によって設置されていますが役割は大きく違いがあります。保健所は広域的・専門的なサービスを実施していて、保健センターは、もっと住民に身近な市区町村に設置されています。 保健所は都道府県、政令指定都市、中核都市などに設置され、医師、保健師、栄養士、診療放射線技師、臨床検査技師、獣医師、薬剤師、精神保健福祉相談員、理学療法士、作業療法士、聴覚言語専門職などが配置されています。

精神保健、難病対策、感染症対策など地域保険の重要な役割を担っています。

保健所は、市民生活に幅ひろくかかわりがあり、動物愛護・狂犬病予防から狂犬病予防注射済票を交付するのも保健所の仕事です。また、母子保健では、母子保健離乳食講習会や乳幼児健康相談、3歳児健康診査などを行っており、最近では子供の虐待などの問題から、保健所内に子育て支援をしているところもあり、育児相談の窓口にもなっています。

精神保健福祉では、心の病気や悩みについての相談も受け付けて、助言、指導だけでなく、社会復帰にも力を入れています。保健所の役割には予防という面もあり、感染症や結核予防などの検査相談も受けることができます。

健康づくりに関しても、国民の健康推進をめざし、健康教室・健康相談・成人検診・各種がん検診・適所リハビリ教室・訪問指導など健康に関する教育も指導しています。

健康づくりは予防と病気の早期発見、早期治療ですので保健所で実施されている検診などに参加していきたいものです。健康づくりの一面として食生活の改善や運動を普及するといったところも保健所の役割となっています。

みなさんの身近にある保健センターは市区町村に設置され、保健師、看護師、栄養士等が配置され、地域住民に対する健康相談、保健指導、予防接種や各種検診そのほか、地域保険に関して必要な事業を行っています。 国民としては身近な保健センターで相談や保健指導を受けていくことで自分の健康を自分で守る意識が高くなると思いますので、そのようなサービスを受けていきたいです。

保健所へ転職を考えている方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

保健センターの保健師求人情報はコチラ!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ