保健所の業務内容

転職サイトランキングはコチラ!

保健所は、地域住民の健康の保持増進、快適な生活環境の確保のため、地域保健法第5条に基づき設置されていて、業務内容としては、薬物問題・廃棄物・食品衛生・引き取り犬・精神保健福祉・思春期・乳幼児発達・難病・エイズなどの相談に応じています。

住民の最低限の生活水準保障を基に、子供の相談、精神保健福祉相談、精神保健福祉相談、栄養・健康づくり、薬務・環境衛生、大気・水質調査、廃棄物、食品衛生、動物愛護・狂犬病予防を行っています。

保健所の業務内容は本当に幅広く、勤務する地域住人の構成によって保健師が担当する業務は大きく変わってしまいます。たとえば一般的に考えると成人の一人暮らしが多い都会と、自然が多い田舎などでは、住人の構成がまったく異なりますし、伝染病やがんなど病気の種類も違いが出てきます。

保健師としての職場を保健所と考えている人は、そのあたりまで考えて職場を選ばないと、仕事を始めてから思いもよらなかったことが発生する可能性もあります。自分のこれからの保健師としてのレベルアップが福祉方向なのか、子供の育成なのかでも全く異なってきますし、住人構成を把握しておくことも必要でしょう。

そのような地域の情報や各保健所の業務内容によっても、保健師に特化して転職を支援しているサービス会社ならそのあたりの情報は豊富なので、求職者が求めている保健師像と勤務したいと思っている地域の保健所業務があっていない場合もあります。そのような情報を得て、仕事をするからこそ一人で転職した結果に起こりやすい、仕事してからこんなはずではなかった、という状況は少ないと思われます。

また、理想と現実の違いやクチコミなどで自分が働きたいと思っている施設が働きやすいのかどうかといったことを顧みるいい機会だと思います。転職紹介サービス利用者の多くは、登録して専任コンサルタントと話すことで、目指していきたい看護師像が変わってきたとか、自分の方向性がよくわかったという人がいます。

やはり、業界のことや、その施設の雰囲気を知り尽くしているコンサルタントだからこそ、そこまでのアドバイスができるのでしょう。転職紹介サービスの仕事は、求職者と募集社のマッチングで、さらに、長く勤める人をマッチングさせることとなっているので、登録者に関しては、いいことばかり伝えて、希望者を増やすことに重きはおいていません。

希望者が少なくても百発百中とうマッチングを狙っていますので、求職者、募集社ともに満足いく転職となるわけです

保健所へ転職を考えている方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

保健センターの保健師求人情報はコチラ!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ