TOPページへ < 基礎情報 < 家庭訪問

保健師の家庭訪問

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の仕事の中に家庭訪問があります。特に乳児を抱えた家庭には定期的に家庭訪問を実施しています。これも保健師の仕事として重要なことです。

昔は、当たり前のようになっていた保健師の家庭訪問ですが最近は、受け入れを嫌がる家庭も多いそうです。保健師が家庭訪問する目的は、育児に悩みを抱えているお母さんのサポ―トや、虐待などの疑いがある家での早期発見をすること、そして、独居老人の調子をみることであり、すべては未然に防ぐことができれば、起こらなかったかもしれない事件を守るためにあります。

しかし、保健師の家庭訪問を嫌がる裏には、訪問してきた保健師の質の低下も問われます。家庭訪問への苦情やクレームがなくなることはないそうです。これは、どちらもが歩みよる必要がありますし、訪問されるほうも仕事とはいえ、気にかけてくれていることに対して、感謝の気持ちを持ってほしいと思います。

現在は、問題のありそうな家庭を中心に家庭訪問をしているようですが、そのような家ほど居留守を使ったり、連絡が取れない家もあるそうです。それを保健師がほっておけないのは、何か問題があってからでは遅いという気持ちが高まるからではないでしょうか。保健師も大変な仕事である家庭訪問ですが、義務的にしている人はいないでしょう。自分の仕事が命を扱う仕事である以上、失敗はゆるされず、最近の悲しいニュースをみると保健師や行政に対して怒りを感じる人もいるのではないでしょうか。そんな状況から、保健師も強いストレスを感じながら行っているのが家庭訪問だといわれます。

どうしても、その仕事にストレスを感じるのあれば、家庭訪問のない産業保健師や学校保健師になるという方法もあります。今の仕事に、不安を感じ始めたら、転職紹介サービスに登録して、ほかの働き方もあるということを知ってほしいです。保健師の仕事は人の心やカラダのケアをすることがメインなので、自分が弱っていては仕事ができません。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ