病院に勤務する保健師

転職サイトランキングはコチラ!

保健師として病院に勤務したいと思っている保健師は、勤務する病院によって条件や待遇は大きく変わります。一般的には、入退院の際に健康指導をしたり、母親教室や健康管理教室といった病院以外での健康アドバイスもありますし、病棟勤務は、夜勤もあり患者への健康アドバイスをしていくことになります。保健師の前身である巡回看護を基に考えると訪問介護というイメージがありますが、現在では地域の保健所や保健センターで健康アドバイスをしていることが多いでしょう。

一般の人からすると病院では看護師が健康管理やアドバイスをするので、病院に保健師がいることに気づかないことがほとんどではないでしょうか。看護師と保健師の違いというと、看護師は入院、通院する人に対して医療のケアと心のケアを中心に活躍しています。それに比べて保健師さんは入院準備や入院中の相談など、生活のアドバイスが必要になってきます。

入院の際に健康管理をすることや退院してからの健康指導というのも病院保健師の役割です。患者の健康的な自立を目的に、生活の中で取り入れることが可能なアドバイスが求められます。

保健師が担う健康管理は個人個人への指導もあれば、病棟単位のこともあり、病院としてのセミナーをすることも保健師の仕事となっています。保健師は科目にこだわりなく、産婦人科であれば母親教室などになってきますし、精神科や感染症患者を受け入れる病院に勤務する場合は、メンタルケアや衛生指導を率先します。検診センターのある病院では検診を担当することになります。

病院勤務の場合は看護師と仕事は類似していますし、最近では医療関係が縦も横もつながって、どこからどこまでが看護師、保健師、医師の仕事というすみ分けはなくなりつつあります。給与に関しても同等か保健師の資格を持っているほうがやや高めに設定されているところも多いです。保健師の中でも最初は病院勤務で医療関係自体や患者さんについてを学びたいという人も多いといいます。

このような保健師としての、それぞれの分野でもどのように活躍して、どのような将来があるかについても、転職紹介サービスでは経験も豊富ですし、情報量も多く、また、常に新鮮な情報があります。看護師や保健師はある種特殊な職業であるとともに、同じ道を歩んだ人が多い業界でもあるので、経験者に話を聞く、相談する、アドバイスをもらうことで、いまある悩みは簡単に解消されるでしょう。

そして、待遇も仕事内容も妥協せず、せっかくの資格を有効に使いたいです。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ