TOPページへ < 基礎情報 < 衛生管理

保健師の衛生管理

転職サイトランキングがコチラ

保健師の資格は、国家資格として日本の中でも人気の高い資格であることはご存知かとおもいます。保健師資格を取得するには、看護大学や保健師養成校などで所定の教育を受けた後、保健師国家試験に合格して初めてもらうことができます。保健師の資格を取得した際に、衛生管理のエキスパートとして『第一種衛生管理者』の免許が与えられます。しかも、衛生管理者の試験を受けることなく第一種衛生管理者の免許が与えられるので、得した気分になりますね。

もちろん、保健師の資格を持っていれば自動的に第一種衛生管理者の資格が与えられるわけではありません。各都道府県に衛生管理者免許の申請をする必要がありますので、ご注意ください。衛生管理者の資格自体は、保健師のように特定の教育を受けていない方でも、受験資格をクリアしていれば、誰でも衛生管理者試験を受験することが可能です。

そもそも、衛生管理者とはどういったことをするのか?

衛生管理者とは、事業所における労働者の安全・衛生指導や健康管理、健康促進、事業所内の安全・衛生管理など行う専門家です。保健師は、地区活動においての保健指導、健康教育など、公衆衛生活動を全般に行う、地域看護の『医療職』。どちらも人々の健康や衛生面の管理・指導を行うプロということです。

労働安全衛生法によると、常時50人以上の労働者を有する事業所に1人以上の衛生管理者を選任しなければいけないとされています。ここで注意して欲しいのが、医師や保健師など一定の資格を持つ人に与えられる『第一種衛生管理者』資格と、労働安全衛生法で定められている衛生管理者資格の免許とは異なる点です。間違えないように気をつけましょう。

保健師や衛生管理者の資格、いずれの資格も日本の企業発展には必要不可欠な職業であることは間違いありません。したがって、日本での求人需要も高く多くの人が憧れる職業です。そのため、毎年多くの方が保健師や衛生管理者の資格取得を目指して試験対策を行っています。ですが、試験対策がどんなに完璧であっても、面接の対策ができていなければ全て台無しになるでしょう。であれば、試験対策は勉強するだけではなく、面接の対策をしっかりとしておく必要があるのは間違いないです。

特に重要なのは、履歴書でも書く欄がある『志望動機』に関しては、面接官が必ず質問してきますので、しっかりと頭の中を整理しておくことが大切です。中には、嘘までついたり綺麗な言葉を並べた志望動機で面接に挑む方がいますが、かえって印象が悪くなります。一番大切なのは『自分の言葉』と『保健師なりたかった本当の理由』を、切実に面接官に伝えれるかで採用されるか否かが決まります。面接対策として、志望動機はもう一度入念にチェックしておいてくださいね。

ですが、いくら面接対策をしたとしても自分ひとりだけでは、なんとなく心細く無いでしょうか?

『看護師転職支援サービス』を利用すれば、面接対策も専任のコンサルタントがしっかりアドバイスしてくれるので、安心して転職活動が行えます。看護師転職支援サービスでは、あなたの希望する求人条件やその他希望を転職アドバイザーに伝えておくと、あなたの希望に沿った求人を提案してくれるシステムとなっています。もちろん保健師の求人も取り扱っています。

もし、面接を受けてみたいと思ったら、コンサルタントに伝えます。そうすると、面接の日取りの設定など、あなたに代わって応募先である医療機関側と連絡を取ってくれます。こうしたサービスは、無料で使えますので、忙しい方などは是非ご利用ください。

是非とも支援サービスを利用して納得のいく転職を実現させましょう!!

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ