保健師のJICA,NGOでの活動

転職サイトランキングはコチラ!

JICA(ジャイカ)とは、 Japan International Cooperation Agencyの頭文字を取った略称であり、外務所管の独立行政法人「国際協力機構」の通称です。政府開発援助(ODA)の実施機関の1つであり、開発途上地域等の経済及び社会の発展に寄与し、国際協力の促進に資することを目的としています。

JICAのホームページによれば、海外派遣の保健師に求められる活動は、保健センターや保健ポストを拠点にした地域での母子保健、マラリア・寄生虫症・結核・エイズ等の感染症対策、コミュニティレベルでの、生活習慣病予防などの啓発活動、県(市)の保健局での管轄地域の保健計画、統計の取り纏め、分析等だそうで、学校保健に関する活動もこのところ増加しているとのことです。

また、求められる経験や資質、技術としては、保健師としての経験、指導技術、地域診断の基本手法、child-to-childの知識などだそうです。自信をもって活動に臨むためには、保健師としての経験は、やはりなくてはなくてはならないものだと思います。派遣先での活動は、派遣地域への指導が中心となりますから、揺るぎない指導技術も必要ですし、地域の問題に取り組みますので、地域診断の基本的手法が必要となります。child-to-childの知識は、学校中心の活動になる場合は、非常に役立ちます。派遣先の地域住民は、基本的な衛生教育を受けていないことがほとんどであり、識字率も低いです。日本であれば、子どもに話すようなことでも、分かりやすく丁寧に忍耐強く説明できる人材が求められます。

JICAは外務省管轄であり、国の組織ですが、国際保健師を派遣している機関は、JICAだけではありません。様々なNGOからも、母子の健康向上や、感染症の予防といったことなどに向けた活動のために、国際保健師が派遣されています。NGOとは、Non-Governmental Organizationsの略であり、非政府組織の通称です。NGOは、軍縮や飢餓救済、環境保護などの問題に関わる活動をおこなう非営利組織であり、国際NGOの数は、17,000以上に上るといわれています。NGOと性質を同じくするものに、NPOがありますが、慣習的に、国際的に活動するものを「NGO」と呼ぶ場合が多いようです。国際NGOには、YMCAや国境なき医師団など有名なところも多いですが、一方で、実態がよくわからないようなところも存在するのもまた現状ですので、NGOの派遣要員として登録する際には、信頼できる団体を選ぶようにすることが重要かと思います。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ