保健師の需要

転職サイトランキングはコチラ!

今まで保健師と言えば、陰的な存在として扱われ一般の方に保健師はどんな業務をしているのかすら認知されていない状況でした。保健師は、現代の日本において重要な役目を果たす存在となっており、毎年多くの方が保健師資格を取得しようと試験会場に足を運んでいます。

では、なぜ日本の社会においてそれほどまでに保健師の存在が重要なのか?その理由は、特定保健指導、生活習慣病の予防を保健師自体が積極的に改革し、様々な活動を行わなければいけないといからです。また、日本は長寿大国と言われ高齢化社会という大きな問題を抱えています。その背景から保健師の需要は拡大傾向にあり、沢山の企業が求人募集をかけている状況です。

では、高齢化社会とはどういった状況なのか?日本では、4人に1人が65歳以上という結果がリサーチ会社から報告されています。これに伴って介護福祉、介護ケア施設が増えることは容易に想像ができます。よって、その施設には必ず保健師の存在が必要となるという仕組みが出来上がっているのです。だから、保健師の需要は減少することを知らず、私たちが想像している以上に保健師の需要は膨れ上がっているのです。

もう一つの理由として、日本人の食生活が欧米化になって以来、高血圧、糖尿病、成人病といった患者さんが年々増加傾向にあるため、保健師が食生活や保健指導を行う対象者が急増しています。当然のことですが、保健師の需要は今後もよりいっそう上がってくるのは容易に想像できます。

また、保険会社や保健組合などでも保健師の募集を始めたことから、保健師の獲得競争は激化しています。今となっては、保健師の存在は日本全国でもっとも必要とされている人材になりました。保健師の獲得競争が激化している事もあり、日本では深刻な問題を抱えることになってしまいました。それは『保健師不足』です。保健師の需要があるのに対して、供給が追いついていない状況にあるため、保健師の求人状況に矛盾が生じている状態と言うことも理解しておきましょう。

もしあなたが、保健師資格をお持ちの場合でしたら、自分の保健師資格をどう活かすべきか慎重に考え就職・転職先を決めるべきです。選べる求人数が多いだけに、高待遇や高給与などに惹かれて入社すると『思っていた条件と違った…』『人間関係に嫌気が差してきた…』など、毎日痛い目に合うこともあります。そんな就業先に出会わないようにするために、医療系転職支援サービスをご利用ください。

なぜなら、医療系専門の転職支援サービスでは、保健師としての資格をお持ちの方の就職に関し、まずどのような職種に付きたいのか、どんな希望や待遇を望んでいるのか、保健師を目指した目的を持っているか等のカウンセリングを行います。後日、専任のコンサルタントがあなたの希望に沿った求人情報を提案してくれます。気に入った場合は、すぐに面接の段取りや事務処理を開始してくれるので、無駄な時間をすごすことなくスムーズな転職活動を行うことが可能です。

また、医療系専門の転職支援サービスは登録から転職・入社・入社後まで一連の流れは一切無料となっていますので安心してご利用頂けます。保健師として活躍できる職場は沢山あります。医療系転職支援サービスで、遣り甲斐のもてる保健師を目指しませんか?

保健師の求人情報が掲載されている転職サイト人気ランキング

サービス名 エリア 料金 会社名 詳細
保健師転職サイト第1位 ナース人材バンク 全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細はコチラ
※年間登録者数10万人を超えるナース人材バンクは看護師転職業界でTOPクラスの人気サイトです!!
看護師転職サイトでは珍しく、日本全国に対応しています。2008年度には年間の転職先紹介者数が日本でNO.1になりました。もちろん保健師の転職にも対応していますので、ぜひぜひご利用してみてください。
保健師転職サイト第2位 ナースフル 全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細はコチラ
※リクルートのグループ会社が運営する、最近CMでも見かけるようになった『ナースフル』。科目別や沿線別に検索できるので、お目当ての求人が見つけやすいです。看護師専門のアドバイザーが入職までを徹底サポートしてくれるので、あなたの転職の希望をコンサルタントに伝えてください。希望に近い求人を紹介してくれます。初めての方でも安心してご利用できるので、ぜひ登録を。
保健師転職サイト第3位 ベネッセMCM 全国 無料 株式会社ベネッセMCM 詳細はコチラ
※上記の2社に比べると看護師の転職サイトとしては知名度は低いですが、運営会社がベネッセグループということもあり、『ベネッセMCM』は人気急上昇中の転職サイトです。サービスも上位2つに負けていないです。一人ひとりとのコミュニケーションを大切にしているベネッセグループだからこそできるサポートが受けられます。入職後も、気軽に相談ができるのも、ベネッセならではです。無料ですので、一度お使いください。