川崎市の保健師募集・採用

転職サイトランキングはコチラ!

神奈川県川崎市は、政令指定都市に設定されており、地域に密着した個別支援から広域的な保健活動まで幅広い活動が行われています。3歳児健診や住民検診などの地域密着サービス、精神保健や未熟児・虐待対策など高度専門事業や公衆衛生活動など保健師が携わることのできる業務が多く、様々な経験を積みスキルアップを図ることも可能となります。

川崎市では約160名の保健師が配置されており、中でも20代〜30代と平均年齢も低いのが特徴です。地域健康支援係、児童家庭支援係、障害者支援係、高齢者支援係、こども支援室など、各分野で担当部署が担当制をとっており、各分野で地区の担当者がつくため複数の問題を持つ家庭には複数で関わる事ができるなど一人の保健師にかかる負担が軽減されるよう配慮されています。

平成23年の川崎市保健師採用試験日程は、第1次試験日6月26日、第1次試験合格者発表日7月4日、第2次試験日7月中旬〜8月中旬、最終合格者発表日8月18日と設定されていました。方仕込み方法は神奈川県川崎市のホームページからインターネット上での申し込みのほか、保健師採用試験申込書をダウンロード・A4サイズの厚手の白紙用紙に印刷し記入した上で簡易書留郵便で郵送とされています。応募条件としては保健師の資格を有すると言う条件のほかに昭和52年4月2日以降に生まれた人という条件が課せられていました。平成22年の採用試験状況は保健師採用試験受験者数50名に対して採用者数は5名、倍率10倍と言う結果が出ています。

初任給は214,140円と保健師という職業で低めの設定ではありますが、通勤手当や住宅手当・扶養手当・時間外勤務手当てなどの各種手当てが支給され、1年に1度の昇給、年間3.95か月分の賞与と定められています。公務員なので産前産後休暇や育児休暇が取得しやすく、他の起業や病院などと比べると休暇後の復帰もしやすいと言う利点から、待遇は一般の病院や企業に勤めるよりも良いと言えるでしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ