需要増加だが少ない一般公募

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の仕事は、名称にある通り「健康を保つ」ことにあります。しかし健康の歴史を見ると、予防よりも「治療が先」という考え方が一般的でした。目の前で疾病や怪我で苦しむ人に対しては、確かにまず治療だったことでしょう。しかし社会が現在のように進展してくると、専門家だけでなく一般のユーザの考え方も洗練されてきました。

企業における取り組みも、「まず利益」から「労働者の健康維持」や「社会に有益な企業行動」になってきています。そのため、産業保健師を企業内に配置する事業者が増加していますが、労働者が心身ともに健康を維持し社内のコミュニケーションが図られることは、とりもなおさず企業利益につながっているのです。

一方、社会全体が洗練されてくると、その歪みでは、適応拒否や軽いノイローゼ、鬱病など、さまざまな精神障害も表出してきました。こうした事情から、産業保健師の需要は高まっていますが、企業からの求人は比較的一般公募されていないのが現状です。

また産業保健師は、新卒の保健師より経験を経た保健師を採用したいという企業側の事情もあります。産業保健師は企業全体を俯瞰し、場合によっては企業のシステムにまで理解することが必要なため、経験豊富な保健師を必要としているのでしょう。さらに産業保健師は全社員と事業主を対象としているため、信頼して任せることができる人材が切に望まれているのです。

転職サービスでは、こうした一般公募されていない企業の求人情報を全国規模で入手しています。また転職サービスからの「就職」は、企業と転職サービスの間で信頼関係が培われているため、企業が望む「信頼できる人物像」の期待に十分対応できています。

このように産業保健師として企業への就職を希望する人は、まず、転職サービスに登録することから始めるのが、一番の近道のようです。会社の中枢にまで踏み込んで業務を行う保健師には、深い社会的理念が要求されるのは当然です。将来の保健師に必要な専門科目を学ぶ過程で、社会的理念は培われていきますが、深い信頼関係は一朝一夕では築くことはできないのです。

転職サービスでは、そうした第一関門の「信頼」がクリアーされるため、就職が難しいとされている産業保健師への道を拓くことができるのです。産業保健師をめざしている人は、まず登録からはじめてみましょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ