TOPページへ < 基礎情報 < 国家試験

保健師の国家試験

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の国家試験は、厚生労働省の所轄する国家試験となっております。保健師国家試験は、毎年2月中旬〜下旬頃の時期に、全国11箇所(北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県)において実施されておます。

平成24年度は2月17日(金曜日)に同時に実施されます。

受験資格については、看護師国家試験に合格した者で、保健師助産師看護師法第21条各号のいずれかに該当する者又は同法第53条第1項に規定する者とされています。次のいずれかに該当するものとされていますので目を通しておきましょう。

@文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校(以下「指定学校」という。)において1年以上保健師になるのに必要な学科を修めた者(平成24年3月19日(月曜日)までに修業する見込みの者を含む。)
A文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、厚生労働大臣の指定した保健師養成所(以下「指定養成所」という。)を卒業した者(平成24年3月19日(月曜日)までに卒業する見込みの者を含む。)
B外国の保健師学校を卒業し、又は外国において保健師免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めたもの 詳細はこちらへ
C保健師助産師看護師法及び看護師等の人材確保の促進に関する法律の一部を改正する法律(平成21年法律第78号。以下「改正法」という。)の施行の際(平成22年4月1日)現に改正法による改正前の保健師助産師看護師法(以下「旧法」という。)第19条第1号に該当する者
D改正法の施行の日(平成22年4月1日)前に旧法第19条第1号に規定する学校に在学し、施行日以後に同号に規定する要件に該当することとなった者(施行日以後に同号に規定する学校に入学し、当該学校において6月以上保健師になるのに必要な学科を修めた者を除く。)

上記の内容を満たしていれば、厚生労働省の所轄する保健師国家試験の受験資格が得られ、受験手続を行うことで資格試験を受験することができます。H23現在で受験手数料は、5,400円です。

試験科目は『地域看護学』『疫学・保健統計』『保健福祉行政論』となっております。合格ラインですが全体の6割以上正解すれば合格となっております。保健師試験の合格発表は、平成24年3月26日午後2時に厚生労働省、地方厚生局及び地方厚生支局にその受験地、受験番号を掲示して発表するとされています。晴れて合格されたとしても、就業先が無いようではせっかくの保健師資格も意味がありません。

保健師を取得して初めて就業する場合、未経験として扱われる為、一般の求人情報ではなかなか面接まで漕ぎ着けるも大変な状況です。当然、人気の高い行政保健師などは倍率も高いのですぐに就業するのも難しいでしょう。なので、さまざまな求人情報を得て保健師として活躍できる場を見定める必要があります。

スムーズな転職活動を支援してくれる、医療系転職支援サービスをご利用ください。医療系転職支援サービスでは、看護師や保健師、助産師など看護師の資格を取得している人を対象として積極的に就業を斡旋してくれる会社です。

転職活動時に面倒な交渉事や事務手続きなども代行してくれますので、時間の節約にもなります。また、非公開求人での案件も豊富ですのであなたの思い通りの高待遇な職場も期待できます。しかも、転職支援サービスの利用料は一切無料となっていますので今すぐにでもご登録して求人をご覧になってみてはいかがでしょうか?

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ