TOPページへ < 基礎情報 < 保健師と看護師の給料の差

保健師と看護師の給料の差

転職サイトランキングはコチラ!

保健師さんの就業先の半数は公務員としての職種となります。なので、公務員としての給料になるのですが、実際は資格手当てなども含めると一般の公務員と比べて高い水準で設定されています。また、地方に採用試験に合格し就業すれば地方公務員、国の機関などで働く場合は国家公務員として就業できます。

一般職の給与よりもかなり高待遇で就業できるため、保健師として平均で年収500万〜600万円程度が相場となっています。しかも、公務員となると給与も安定しボーナスもありますので、一般の水準よりも高い生活が可能です。また、年数を重ねるたびに昇給がありますので確実に年収はあがっていきます。ですが、一般の企業のように残業はありませんので、基本給から大幅にプラスされることはありません。

次に、民間の企業で就業する保健師の方は企業の給料水準に合わせることになります。民間の企業で働く場合、正社員での道とパートやアルバイトとしての働く道がありますので、多少のばらつきがあります。大企業で働く保健師の方であれば、平均して月額30万〜40万円でボーナスと昇給があります。また、仕事も遣り甲斐のあるものがたくさんありますので、頑張りによっては年収ベースもかなりあがるでしょう。中小企業での勤務であれば、平均して月額20万〜30万円となります。

ボーナスも企業の業績によって変動はありますので年収や安定度は大企業に比べて若干低くなります。ですが、仕事の遣り甲斐に関してはありますので人気の職種です。

それに比べて、看護師から保健師に転職すると年収がダウンするといったことは良くあります。看護師の平均年収は、35〜45万円ですので、大体10万円前後のダウンとなるようです。

しかし、保健師は看護師のように残業などは滅多に無いですし、夜勤業務もありませんので体調の管理面や精神面では安定しているでしょう。保健師の業務は、医務室で1日中事務処理や座りっぱなしということも稀にあるそうです。肩こりや腰の痛みなどに悩まされることもしばしありそうです。バリバリ稼ぐというよりも、保健師の収入は非常に固定的です。保健師として目指すのでしたら、高給料求めずに安定志向の人に向いていると言えます。

思い通りの待遇や就業をお考えでしたら、医療系転職支援サービスをご利用してみてはいかがでしょか?

医療系転職支援サービスを利用すると、年収別に保健師の求人情報を調べることができるので思ったとおりの転職がしやすくなっております。もし、気に入った求人があれば専任のコンサルタントに相談すると面接の日程や事務処理などあなたの代わりとなって段取りしてくれます。登録してから入社後まで一切無料でご利用できます。だから、就業しながらの転職だって気軽に行えるのです。あなたが年収アップを目指して転職をお考えでしたら是非ご利用ください。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ