TOPページへ < 職場【その他】 < 地方公務員

地方公務員の保健師

転職サイトランキングはコチラ!

地方公務員の保健師の給与は、一般の公務員よりやや高めに設定されている職業です。少し過去のデータとなりますが、大学卒業者の初任給は、東京都特別区勤務の保健師で約21万4000円となっていました。また、国家公務員の給与データとして大学卒業者の初任給は、東京都特別区勤務の保健師で23万3000円と、一般の公務員とは水準が高くなっております。

公務員の保健師としてもっとも人気のある職種が『行政保健師』です。保健師を目指している方にとって知らない人はいないと言えるでしょう。ですが、行政保健師が『医療職』と言うことを、実際に働いている保健師の方でも知らない人が多いです。ましてや、一般市民の方は公務員であることも知らないでしょう。更に、保健師の方が看護師資格もっていることさえも知らないでしょう。

そもそも、公務員というのは3つの内訳で職が分かれています。『行政職』『医療職』『現業職』です。一般的に行政職とは事務のお仕事のことをさしています。市役所で働く人がそれに当たります。そして医療職とは、医師や看護師、そして保健師があなたが就任しようとしてる職種です。公務員はいくつかの種類に分類され、地方の公務員として配置されるのか、国家の公務員として配置されるかの違いがあります。保健師は医療職となりますので、一般的に衛生局として配置されることが多いそうです。

公務員と特徴として、職種や配属先の局が異なったとしても待遇や給与が大きく変わるようなことはありません。基本的に福利厚生に関しても、他の職種と殆ど同一です。

上記のように、行政保健師である地方公務員になりたいと考えていらっしゃるなら、資格試験に一発合格できるように、事前に準備をしておくことです。また、公務員試験に合格したからと言ってウカウカもしていられない現状があります。行政保健師の採用はほんの数人と少ない為、地方公務員試験に合格したからと行って全員が行政保健師になれるわけではありません。

最近の自治体の動きとして、保健師の仕事は外部に委託することが多い傾向にありますので、求人数も少ないです。そんな競争率の激しい行政保健師の就職先を探すのに、独自の力だけではライバルに先取りされてしまい、悔しい思いをしなければいけません。

もっと効率的な転職・就職が可能な『医療系転職支援サービス』を利用してみては如何でしょうか?転職支援サービスなどでは、看護師資格を取得している人たちの就職を斡旋するため、まずあなたがどのような職種に付きたいのか、どんな希望や待遇を望んでいるのか、保健師を目指した目的を持っているか等のカウンセリングを行います。

後日、専任のコンサルタントがあなたの希望に沿った求人情報を提案してくれます。気に入った場合は、すぐに面接の段取りや事務処理を開始してくれるので、無駄な時間をすごすことなくスムーズな転職活動を行うことが可能です。

また、医療系専門の転職支援サービスは登録からコンサルタントのカウンセリング、転職・入社・入社後まで一連の流れは一切無料となっていますので安心してご利用頂けます。行政保健師として働く意欲を持っているあなたの為に、医療系転職支援サービスは力を貸してくれますよ。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ