TOPページへ < 基礎情報 < 母子保健について

母子保健について

転職サイトランキングはコチラ!

すべての子どもは、無事に生まれ、健やかに育ち、心身ともに健全に成長して行く事が望まれています。そうした、母性と乳児及び幼児の健康の保持及び、増進を図る目的で行われるのが、母子保健に係る事業です。母子保健は、地域保健の中の分野に位置づけられ、行政によってそのサービスが行われています。母子保健に関する行政サービスは、昭和40年に制定された、「母子保健法」に基づいて行われています。母子保健法は、「母性並びに乳児及び幼児の健康の保持及び増進を図るため、母子保健に関する原理を明らかにするとともに、母性並びに乳児及び幼児に対する保健指導、健康診査、医療その他の措置を講じ、もつて国民保健の向上に寄与することを目的 」(第一章第一条より)として、制定されました。

母子保健とは、妊娠から、出産、育児までの長い期間、子供の健全な成長ををサポートするために行われるのです。母子保健サービスは、どのような環境に生まれても、みな公平に受ける事ができる権利があります。母子保健の為の行政サービスは幅広く、地域に暮らすお母さんや子ども達だれもが安心して暮らせるように、様々な活動が行われているのです。活動は、市町村の保健センターなどが拠点となって行なわれていて、その活動の中心となって母子保健サービスを行うのが、保健師の仕事です。

具体的には、女性が妊娠すると、「母子健康手帳」が交付され、妊婦健診を受け、母親教室に参加して出産育児に必要な知識を学んだり、指導を受ける事ができます。出産後は、新生児の訪問指導、乳幼児に対する健康診査、育児相談、離乳食教室、予防接種などが行われます。こどもができない夫婦に対しても、不妊治療に関する医療費の助成や相談、低体重児(未熟児)で生まれた赤ちゃんに対する、医療の給付やサポートなども母子保健として行われています。

身体的な、健康や発育に関してはもちろんの事、それだけでなく、メンタル面でのサポートもとても重要です。だれもが、妊娠や出産、子育ては、初めての経験からスタートするものですから、母親(父親)として必要な知識を伝え、それぞれが抱える不安や悩みに耳を傾けて、一緒に考えアドバイスを行う保健師の役割は、地域全体のこどもたちの健全な育成につながる大切な仕事です。母子保健は、地域保健に係る保健師の業務の中でも、大きな割合を占める分野と言えるでしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ