TOPページへ < 基礎情報 < 保健師になるには

取得までには複数のコース

転職サイトランキングはコチラ!

保健師になるためには保健師国家試験に合格する必要があります。保健師国家試験の受験資格を得るための方法は下記の通りです。

@高校を卒業後、保健師養成の総合カリキュラムが組まれている大学に進学して受験資格を得る方法。
学部学科は「医学部保健学科」、「看護学部保健師・助産師養成コース」などさまざまな名称で開設されています。国公私立の各大学で養成講座が開かれています。養成期間は4年間で、保健師になるための最短コースになっています。ただしこのコースの場合は、大学進学年齢18歳で将来の進路を決めておく必要があります。

A4年制大学看護学部を卒業後、1年間の保健師養成課程を終了する方法。
4年制の看護師養成課程を持つ大学にはほとんど保健師課程も設置されていますが、Aのコースは養成期間が5年間となります。

B4年制大学看護学部に入学後、保健師養成課程に転学して終了する方法。
単位の取得数にもよりますが養成期間が4年を超える場合もあります。

C3年制看護師養成の短期大学か専門学校を卒業後、保健師養成課程(養成期間は1年)に学び終了する方法。
このコースは合計4年間で保健師の受験資格が取得できます。3年間で看護師の資格を取得後、ステップアップ資格として働きながら「保健師」をめざす例もあります。希望者は保健師養成課程の年齢制限はチェックしておきましょう。3年制看護師の養成機関は国公私立ともに全国に多数設立されていますが、保健師養成課程の設置は多くないので、保健師の希望者は在学中から下調べをしておきましょう。

以上のことから分かるとおり、保健師の国家試験受験資格には「看護師の受験資格」を取得しておかなければなりません。法改正以前は、看護師の資格者でなければ「保健師国家資格」の受験資格が得られませんでしたが、今回の改正で、看護師受験資格の取得者であれば受験資格が得られることになりました。W資格をもっているとワークステージが広がるので、合わせ持つのも一つの方法でしょう。

ちなみに「看護師」資格(受験資格含む)は、医療・福祉・教育・介護などの各分野にとってベースとなる位置にある資格です。取得しておけば、指定単位の取得は必要ですが、養護教諭やケアマネージャーなどへの資格の取得も望めます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ