TOPページへ < 転職・求人 < 看護師から転職

看護師から保健師へ転職をお考えの方

転職サイトランキングはコチラ!

保健師は、保健所や市町村の保健センター、企業の健康管理センターや医務室、学校の医務室や保健室などで、健康の増進や疾病の予防のための幅広い業務を専門的に行っています。

看護師も保健師もどちらも看護職であることには変わりありませんが、現制度においては、保健師の資格は、看護師の資格の延長線上にあります。冒頭述べたように、保健師の業務は、実際に対象である患者の看護や医師の治療行為の補助をするというよりは、対象となる集団における疾病の統計を取って分析し予防に役立てたり、感染症が流行した場合には、いかにして感染を防ぐかを吟味したり、各家庭を訪問して健康に関する聞き取り調査をしたり、対象となる団体のメンタルヘルスの向上に務めたりと、純粋な看護という領域とは少し性質を異にします。

進路選択をする段階で、「私は何がなんでも保健師になる!」と決めている場合はそんなに迷いもないのでしょうけれど、看護師として数年勤務してみた結果、「保健師の方が、より自分の目指していた方向性に近いな」とか、「自分自身の裁量でいろいろと試行錯誤できる保健師にステップアップしてみたい」など、保健師への転職を考えるとことも少なくないかと思います。保健師になるには、看護師の資格は絶対に必要な要件ですので、保健師は必ず看護師の免許を取得しています。

過去には、4年生の看護大学などで看護師と保健師の統合カリキュラムを修了し、看護師と保健師の国家試験受験資格を同時に取得した場合に、保健師国家試験にのみ合格し、看護師国家試験には不合格だった場合でも、保健師の免許を取得できたこともありましたが、現在では、保健師の基礎資格が厳格化されていますので、保健師免許を取得するためには、看護師国家試験にも合格しなければなりません。このように、保健師になるために看護師の資格は必須なのですから、看護師から保健師への転職は、まったく違うフィールドからの転職に比べ、格段に有利です。

現在、看護師免許のみを持っていて看護師として勤務のしている場合、保健師の資格をとるためには、保健師学校(通常1年課程)などで、所定の保健師養成カリキュラムを修了するか、あるいは、看護大学に編入し、保健師国家試験に合格しなければなりません。

また、保健師の免許を取得したあとに、行政保健師として働きたい場合は、公務員の採用試験に合格しなければいけませんので、看護師から保健師へと転職をを考える場合、潔く一定期間勉強に専念するのも一つの方法でしょう。保健師として地域看護などを実践し活動して行く上で、看護師としての臨床経験は必ず役に立ちます。保健師へとキャリアアップしていきたいという志を強く持ち、頑張っていってほしいです。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ