TOPページへ < 基礎情報 < 産業保健について

産業保健について

転職サイトランキングはコチラ!

健康対策を行う領域には、母親や乳幼児に対する母子保健や、高齢者の老人保健、児童生徒に対する学校保健などの様々な領域がありますが、労働者の健康対策を行う領域を産業保健と言います。産業保健活動の目的は、働く人が仕事に楽しさや生きがいを感じ、自分の持つ能力を最大限に発揮できるように、労働活動の基本となる労働者の健康を維持・向上させるための活動です。

産業保健は、主に労働基準法と労働安全衛生法の二つの法律によって、法的に定められています。労働基準法では、労働者の労働時間や休暇、休業補償などの勤務条件について規定しており、労働安全衛生法では、安全管理や産業医、健康診断などの労働環境について規定しています。

産業保健の分野に携わる人は、産業医、産業看護職、産業保健師、衛生管理者などがあります。企業の業務内容や形態はさまざまです。ですので、企業内においては法令を順守した産業保健活動や、職場ごとのリスクや問題点によって自主的な産業保健活動が求められます。労働者の健康管理や病気の早期発見のためには、どのような業種においてもまず健康診断の実施や検査結果についての相談などが重要な業務です。また、各種の健康相談や保健指導等も行います。身体的な健康以外にも、精神的な健康と言う点でのケアも重要です。近年では、ストレスに関するものや、うつ病などの精神的疾患も増えており、メンタル面でのフォローも大切です。長時間労働などによる過労に対する、調査や指導も行います。また、職場環境により、安全や衛生面での管理や教育も行いますし、例えば化学物質等を扱う場合には、化学物質によるリスクアセスメントについての対策なども行います。海外勤務者の健康管理や、妊婦や産後の女性などについての母性健康管理、職場復帰する人の支援等も産業保健の取り組みとして行われます。

産業保健師は、産業医や衛生管理者などとチームを組み、産業保健分野のコーディネーターとしての役割を担っています。産業保健師の業務として、かつては労働災害や、事故防止などに重点が置かれていましたが、近年では労働者の生活習慣病などの予防や、ストレスやうつ病やなどの精神面での関わりが重要となってきています。企業で働く労働者の健康管理や増進にあたる産業保健師の業務も時代とともに幅広いものになってきていると言えるでしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ