TOPページへ < 基礎情報 < 現任教育

保健師の現任教育

転職サイトランキングはコチラ!

新任とは、新たに職業などに従事する者のことをいいます。一方、現任とは、現にその業務に従事する者のことをいいます。 保健師に限らず、ありとあらゆる業種や職種において、新任の際には、丁寧な研修や実地訓練が行われるのが通常です。

ところで、保健師になるにはいくつかの道のりがありますが、大まかに、以下の3つのパターンに分けられます。
・高等学校の看護科を卒業し、看護専門学校へ進学。看護専門学校で2年勉強した後、あるいは、高等学校の看護に関する学科とその専攻科において5年間の一貫したカリキュラムで学んだ後に、さらに保健師学校へ進学して1年間勉強するという、計6年間学んで保健師の国家試験の受験資格を得るコース。

・高校卒業後、3年生の看護専門学校もしくは看護短大へ進学し、さらにその後保健師学校へ進学して1年間勉強するという、計4年間学んで保健師の国家試験の受験資格を得るコース。

・高校卒業後、4年制の看護大学へ進学し、卒業と同時に、看護師と保健師両方の国家試験受験資格を得るコース。

最近では、看護大学や医学部看護学科などの4年制大学において学び保健師になるというパターンが増えてきているようです。4年制大学では、保健師・看護師統合カリキュラムを採用しており、卒業と同時に看護師と保健師の国家試験受験資格が取れるため、大変効率が良いですし、3年制の看護専門学校に比べ、授業や実習に比較的ゆとりがあるかと思います。これらの課程を経て、保健師になるわけですが、特に、自治体の保健師などは、採用人数も少なく、各部署へも小人数の配置であることが多く、新任保健師がいきなりたった1人で様々な業務を任されるということも少なくないようです。

いくら保健師学校や看護大学で専門に学び、国家試験に合格しているとはいえ、やはり、実際の保健師業務には経験が必要です。このような新任保健師には、プリセプター(指導保健師)を決めて指導していくことが望ましいですが、新任保健師を指導する立場の中堅保健師が日常の業務に追われ、プリセプターとしてあまり機能できていなことも多いのが現状のようです。このような中堅保健師の現任教育に力を入れ、中堅保健師自身のさらなるレベルアップを図っていくことにより、中堅保健師の活動が強化されれば、保健事業の推進や新任保健師の教育において力を発揮することになり、ひいては、組織の活性化や質の高い保健サービスの提供につながっていくのではないでしょうか。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ