TOPページへ < 転職・求人 < アルバイト

イベントなどで需要拡大傾向

転職サイトランキングはコチラ!

わが国では、保健・衛生に対する見方や考え方が大きく変化しています。かつて衛生概念の希薄な時代には、蔓延や劇症化をまねいた伝染病ですが、一昨年のインフルエンザでは被害が極小で抑えられています。いわゆる一般大衆が、基本的な衛生概念を持ち、「手を洗う」「マスクをかける」などを励行したためです。ここに保健師のたゆまぬ保健・衛生への啓蒙が根底に存在しているのです。

また今回の東北大地震では、都内の火災は1件もありませんでした。関東大震災の被害を大きくさせたのは二次火災であることを、有形無形に伝えてきた行政や学識経験者らの働きを今更ながらに感じます。

このように、保健師の仕事は目の前で解決する問題の他に、長いスパンをかけて、一般大衆を啓蒙していくことも仕事なのです。そのような使命を持った保健師のアルバイトとはどんな内容なのでしょうか。

現在、保健・健康・福祉、そして医療に対する専門知識の基本を、合わせ持った保健師の需要は社会のあらゆるシーンで求められています。たとえば、公的な自治体や私的な市民グループなどにおけるイベント「健康フォーラム」などでは、保健師の存在は欠かせません。高齢者対象に「寝たきりにならないために」というフォーラムであっても、看護師や介護士より保健師の方が適しているでしょう。

保健師のアルバイトは、以上の保健イベントのほか、常勤保健師の補填や看護師の補填などさまざまな業態があります。しかし一般の求人募集には情報そのものが掲載されていないことが多いようです。さらに掲載されても、詳細な情報に欠けているようです。しかし実際のアルバイトでは求人は多いのです。

保健師の資格を活かしてアルバイトを希望する保健師は、まず、転職サービスへ登録してみましょう。転職サービスでは、保健師のアルバイトだけでなく、「転職」、「派遣」、「パート」さらには新卒保健師のための「就職」など、あらゆる求人情報が揃っています。一人一人の家庭の条件を考慮し、もっとも適した「働く場所」を見つけるお手伝いをしています。

「フルタイム働きたいけれどもロケーションが悪い」−大丈夫です。ぴったりの職場が見つかりるお手伝いをします。「イベントのアルバイトは勉強になるけど、単発だから」−イベント情報の予定を入手しています。ご紹介可能です。以上のような悩みや条件にも即対応してくれるのが「転職サービス」です。転職サービスへの登録は無料です。登録して自分に一番フィットした働く場所を見つけてみましょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ