TOPページへ < 質問 < 保健所と保健センターの違い

保健所と保健センターの違いって何?

転職サイトランキングはコチラ!

保健所は、その地域の住民の健康管理や、保健衛生の相談や指導を行なう施設で、そこに勤務する保健師の主な業務は、住民の健康管理やそれに関わる指導を行なうことです。保健所には、保健師のほか、医師や看護師、栄養士、薬剤師、精神保健福祉相談員、理学療法士といった人たちが在籍しています。こうしたこともあって、看護師の資格を持つ人が、さらに勉強をして保健師の資格を取得し、「保健師」として保健所に勤務するケースが多くあります。

保健師の約7割は、私たちの生活に密着した「行政保健師」で、自治体(都道府県や市区町村)で公務員として働く保健師と、保健所に勤務する「保健所保健師」の2つに分けられます。特に、保健所保健師の仕事は、対象者が限定される保健サービス的な部分と、病気予防のための保健・公衆衛生に携わる業務が中心となります。

それぞれの保健所によって、予約の有無、受付検査時間、即日検査が可能かどうかなどの対応は異なります。また、障がい者、難病患者、結核などの保健サービスの提供も行なっています。保健所保健師の仕事は、特定の病気が広範囲に拡散・伝染することによる被害の発生を防いだり、最小限にとどめるために、高度な専門知識と幅広い視野に基づいた柔軟な対応が必要となります。

保健所保健師の求人は、一般の求人情報誌に掲載されることはほとんどなく、あまり見かけることがありませんが、春に発表されることが多いようです。保健所は各自治体が運営しているので、それぞれの自治体が発行する広報誌やホームページなどをチェックするといいでしょう。

保健センターでは、各種予防接種、検診、救急医療、休日診療所、母子健康診断、健康づくり、健康教育など、多岐にわたる業務を行なっており、保健師はこうした様々な仕事を行ないます。

大規模な保健センターでは、小児医療部門が大変充実しており、小児外科、脳神経外科、泌尿器科、形成外科、眼科など、小児専門のスタッフが多く在籍しています。また、保健所と同様、病気の予防に関する業務が多くあります。母子保健については、新生児訪問や乳幼児健康診断、母親教室、幼児相談などを行ないます。赤ちゃんの3ヶ月検診、6ヶ月検診、1歳検診を担当するのも保健師です。

子供や赤ちゃんだけではなく、成人も対象としており、健康教室・相談、がん検診、精神保健なども担当しています。地域の回覧板などで「○月○日に○○公民館で健康教室を開催します」といった告知を見たことがある人もいると思います。また、各種の予防接種を受けたことがある人も少なくないはずです。こうした業務を行なっているのが保健センターの保健師なのです。保健師は、看護師に比べると馴染みがありませんが、実はこのような形で私たちの生活に非常に近いところにいる存在でもあるのです。

保健センター勤務の保健師は、市役所に採用されることになるので、市の広報紙やWebサイトなどで求人の有無を確認しましょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ