TOPページへ < 質問 < 保健師になるために費用

保健師になるために費用はどれくらいかかる?

転職サイトランキングはコチラ!

Q、保健師になるにはどれくらいのお金がかかる?また働き始めてからその学費分回収できるでしょうか?

保健師になるには、様々な方法があります。普通に高校を卒業して、その後4年生大学の看護学科に進み、卒業と同時に看護師の国家試験を受ける、また保健師に関連する科目を履修した場合、看護師に合格すると同時に保健師の受験資格を得ることができます。また、短期大学、もしくは専門学校で看護師過程に学び、その後看護師資格を取得してから保健師養成過程に進み、保健師の国家試験にチャレンジすることも、また准看護師から看護師学校、養成所を経て、正看護師の資格を取得してから、保健師の資格にチャレンジすることもできるのですが、なにしろその勉強にかける時間も学費もばかにならないものです。

基本的に看護師になったときにその病院や機関で働くことを条件に奨学金などを準備している病院や医療機関などもありますし、もし卒業後や資格取得後の進路に縛られたくない場合は、日本学生支援機構の奨学金を利用することもできるでしょう。経済的な理由で看護師や保健師になる将来を諦めることがないように、様々な可能性を考えてみる、とにかくよく調べてみることが大事です。奨学金の中には、貸与型ではなく、返却不要のものもあるからです。

もし看護師として働き始めたとしても、ある程度の給与は約束され、とくに若年層で比べると保健師や看護師は、他の仕事よりはずっと給与が良く、また福利厚生や社会保障の良い行政機関にて保健師になった場合は、長く専門職として働けるだけでなく、給与もかなり安定していますから十分学費に見合った見返りを得られることでしょう。

将来的には学費は良い先行投資になりますし、将来的に人材不足が懸念される職業ですから有利です。転職しても比較的次の仕事も見つかりやすく、そしてベテランや中高年になってもバリバリ働くことができる理想的な仕事です。とくに出産や子育てなどで退職、休職、離職や転職を余儀なくされる女性にとっては、それまでのキャリアも無駄にならず、なおかつニーズがある職種ともいえます。自分のライフプラン合わせて働き方も選ぶことができるでしょう。

専門職で一生仕事にやりがいや誇りを持って働けること、また女性としての人生経験やコミュニケーション力を活かすことができる保健師という仕事は、これから医療資格を取得し、医療機関で働くことを目指す人にとって、理想的で将来性もある仕事としてますます注目されることでしょう。その為、先行投資としての学費は、十分元が取れると思っておいて間違いありません。できれば学費の心配なく、学業に専念できる環境を整えましょう。いまは看護師資格を取得し、臨床経験をつんでから、転職に備え、保健師の資格を取得しなおす社会人も増えているということです。

高給与・好待遇の求人を探すならこの転職エージェント!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ