TOPページへ < 質問 < 保健師に関する質問

海外の保健師事情について教えて?

転職サイトランキングはコチラ!

保健師という職業は、日本だけに限ったものではなく、世界中の国々にあります。日本と密接な関係にあるアメリカもその例外ではありませんが、日本とは少し事情が異なります。アメリカの場合は、医療関係の仕事に就きたいと思った人は、まず看護師の資格を取得します。そして、看護師のスキルアップとして保健師を目指す人が多いようです。

しかし、日本と違って「保健師」という単独の職業で就職先を見つけることは難しく、「看護師」の求人しかありません。近年、アメリカは看護師不足が深刻な問題となっています。なぜなら、給料が安く、労働条件が非常に悪いため、率先して看護師になろうという人が極めて少ないからです。労働条件の過酷さは日本でも問題になっていますが、給料は決して悪くはありません。つまり、アメリカは医療分野においては世界最先端でありながら、看護師の給料は医師とは比べ物にならないほど低いのが実情なのです。

もっとも、大規模な病院の場合は、たくさんの患者が訪れ、医療費の収益も多く得られるため、看護師の給料も高くなっているようです。また、看護師にはいくつかのグレードがあり、医師と同等の高い地位の人もいれば、保健師のように看護師の資格を持たず、補助的な役割の人までがいます。多くの場合、看護師が保健師と同じ役割を担うため、あえて保健師をつけるまでもないようです。

日本の保健師は地域と密接に連携が取られており、行政からの仕事も多くありますが、アメリカでは事情が異なり、こうしたことは一切ありません。アメリカで医療関係の仕事に従事したいなら、看護師の資格を取得することになります。そのためには、アメリカで看護師の勉強をして、アメリカの国家試験を受けなければなりません。そのため、日本からアメリカに渡った看護師の中には、独学で看護師の勉強をして資格を取得し、大きな病院で働いている人もいます。語学力については、専門用語はすぐに慣れることができますし、医療関係の会話なら、日本での看護師経験があれば理解できることも少なくありません。

アメリカでのビザを取得する場合は、日本で保健師の資格を取得していれば、簡単におりるようです。そのため、日本で保健師の資格を取得してからアメリカに渡り、看護師を目指すこともできます。また、保健師の資格を持っていれば医療関係の仕事に就くことも可能なので、そこから看護師の勉強をして医療施設に就職することもできます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ