TOPページへ < 質問 < 保健師に関する質問

保健師の服装は自由?

転職サイトランキングはコチラ!

保健師と密接な関係にある看護師には「ナース服」という制服がありますが、保健師にはそうした特定の制服はなく、勤務先によって様々な服装で仕事をしています。ただし、必ずしも、まったく自由というわけではなく、勤務先によっては制服が指定されている場合もあります。

制服がない場合であったとしても、多くの人の健康を預かるという保健師としての業務の性質上、あまりラフな服装は好ましくないといえるでしょう。かといって、ビシッと正装する必要はありませんし、むしろ正装をすると、動きにくくなり、業務に差し支える場合があります。

そこで、抽象的な表現になりますが、「それなりの服装」、つまり、普段着ではない服装のうえに白系の清潔感のあるエプロンや、丈の短めの白衣を着て仕事をしている保健師もいます。

指定の制服があったとしても、特に着用を義務づけられていない場合が多く、たいていの保健師は専用のエプロンをつけているのが一般的です。もっとも、仕事をするうえで医師が着用しているような白衣を着たいという希望を持つ保健師もいるようです。その場合は、白衣の着用が妥当かどうか勤務する場所によって考える必要があるでしょう。また、勤務先によっては、医師と混同される可能性もあり、差別化を図るために保健師が白衣を着用するのを不可とするところもあるようです。そのため、就職する前に、白衣の着用が可能かどうか事前に確認しておくといいでしょう。

保健師が仕事をするうえでは、医師などのような白衣ではなくエプロンを着用するのが一般的ですが、そのエプロンも家庭で家事をする際に着けるようなカジュアルなものや、派手な色・柄物は避けましょう。保健師という重要な立場で仕事をするうえでは、やはり好ましくないとされます。また、女性の場合であれば、服装だけではなく化粧にも気をつける必要があります。派手にならないよう、ナチュラルメークが理想的でしょう。また、スッピンも避けるなど、最低限のみだしなみは整えることが大事です。

地域によっては制服貸与規定を設けているところもあり、冬季・夏季に分けて、制服が貸与されるところもあります。毎日、服装を気にしなくてもいいという人には向いているといえるでしょう。

保健師の服装は、勤務先や地域によって様々なので、「白衣を着たい」とか「制服があったほうがいい」といった希望がある場合は、それに合った就職先を選ぶといいでしょう。これは単に好みの問題ではなく、保健師として働く以上は、制服なり白衣なり、それ相応のきちんとした身なりで仕事をしたいという考え方も大切かもしれません。また、そのほうが身も心も引き締まるのではないでしょうか?

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ