TOPページへ < 質問 < 保健師に関する質問

保健指導で大事なことはなんですか?

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の重要な業務のひとつである「保健指導」(特定保健指導)は、平成20年度から始まった特定健康診査(いわゆる「メタボ健診」)で、「メタボリックシンドロームに該当する」と判定された人が受ける指導のことをいいます。メタボリックシンドローム(症候群)は糖尿病や高血圧、高脂血症といった様々な生活習慣病を招くことから、早期治療として生活習慣改善に向けて予防対策を実施することになったものです。

行政としては、ハイリスクアプローチ(健康障害を引き起こす危険因子を持つ集団のうち、危険度がより高い人に対して、危険度を下げるよう働きかけて病気を予防する方法)とポピュレーションアプローチ(集団全体に対して働きかける方法や環境整備)という形で支援していきます。たとえば、運動施設や分煙施設の設置、ヘルシーメニューの飲食店やウォーキングをする会を作るなど、個人指導以外の側面からも力を入れている自治体が多くあります。

保健師は特定保健指導に関わることが多く、メタボリック症候群でリスク要因の多い人、主に中高年に対して直接指導を行ないます。特定健診の結果から内蔵脂肪の蓄積の程度とリスク要因の数に着目し、リスクの高さや年齢に応じて、生活習慣を見直すことから指導していくことになります。ただし、すでに生活習慣病を患って服薬中の人は対象外となり、いわゆる「予備軍」の人を対象に指導を行ないます。また、健康診断などを行なわない企業などもあるため、自治体が健康診断を実施するよう働きかける場合も、保健師がその任務を担うことがあります。

保健師による保健指導は、医師のように詳細なメニューを決めて治療を実施させるのではなく、あくまでも本人が自分の生活習慣のなかにある課題に気づき、健康的な生活に改めるように導いていきます。これは、「運動量を増やす」とか「禁煙する」、あるいは「食生活を変える」といったように、本人が決意しなければ実現できないことも多くあるためです。保健師が常に情報を提供し、生活を変えていくことで生活習慣病予備軍は改善することができるのです。

行政による特定保健指導を受けているものの、自力では問題と向き合うことができない人は、民間での指導を受けることもでき、そこでも保健師による生活習慣病改善のための指導が行なわれます。その場合は、食生活や運動量など細部にわたる指導が行なわれ、より効果的にメタボリックを改善できるようになっています。

保健師として特定保健指導に携わりたい場合は、行政でも民間でも仕事を探すことが可能です。管理栄養士と連携して仕事をすることも多いため、栄養面に関する知識を学ぶこともできます。こうした知識を有していれば、就職の際にも大変有利になります。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ