TOPページへ < 質問 < 保健師に関する質問

保健婦から保健師に名前が変わったが、中身も変わったの?

転職サイトランキングはコチラ!

保健師は、以前は「保健婦助産婦看護婦法」(昭和23年法律第203号)によって一般的に女性の仕事として「保健婦」と呼ばれ、一部には男性の「保健士」(正式名称ではない)もいました。性別に関係なく、保健指導に従事することを業(なりわい)とするための資格の名称でしたが、「保健婦助産婦看護婦法の一部を改正する法律」(平成13年法律第153号)によって、2002年(平成14)3月以降は、男女の区別なく「保健師」に統一されました。これは、かつて、「看護婦」(女性)、「看護士」(男性)と分けて呼ばれていたものが「看護師」に統合されたのと同じことで、両者の業務内容にはまったく違いはありません。

「保健婦助産婦看護婦法」の2条には、「保健師とは厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者」と規定されており、地域の保健所や企業・団体、学校・市町村役場などにおいて、健康診断や健康相談を行なったり、各家庭を個別に訪問して健康や養育、看護・介護などについてトータルで指導・アドバイスすることを主な業務としています。

平成18年6月には「保健婦助産婦看護婦法」が改正され、平成19年4月以降からは新たに保健師になるためには、保健師国家試験に合格するだけではなく、看護師の国家試験にも合格しなければならなくなりました。そのため、保健師になるためには、保健師と看護師の両方の国家資格を取得することが必要となりました。つまり、保健師の国家試験に合格したとしても、看護師国家試験が不合格の場合は、保健師の免許を取得することができないというわけです。保健師になるためには、これほど高くて険しいハードルを乗り越えなければならないのです。

その一方では、「保健婦助産婦看護婦法」の第31条第2項は改正されていないため、保健師免許だけで看護師業務を行なうことができます。保健師と看護師は、必要とされる知識や技術は同じですが、実際に現場で行なえることには大きな違いがあります。保健師は看護師の仕事をすることができますが、逆に看護師は保健師の仕事をすることはできません。一例をあげると、保健師は保健所で医師とともに予防接種を行なったり、感染症の治療など医療行為に該当することを行なうことができます。また、大災害などが発生した際には、医師と一緒に怪我人の治療などにあたることができます。

このように、かつての「保健婦(保健士)」と、現在の「保健師」は、法改正によって名称が変更となっただけであり、その業務内容は基本的に以前と変わってはいません。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ