TOPページへ < 質問 < 保健師に関する質問

看護師より保健師のほうが給与が良いの?

転職サイトランキングはコチラ!

保健師と看護師は業務知識はまったく同じですが、給料は勤務先によってそれぞれまちまちであるため、一概にどちらが給料が良いとは言い切れません。保健師の多くは自治体(都道府県や市区町村)の役所・役場に勤務する「行政保健師」であるため、その立場は公務員ということになります。地方自治体であれば地方公務員、国の機関などの場合は国家公務員ということになります。したがって、行政保健師の給料は公務員に準ずることになりますが、実際のところは資格手当などが付くことで一般の公務員よりも若干高めに設定されているケースが多いようです。公務員の中でも一般職より高めなので、かなり良い給料だといえるでしょう。平均すると、年収500〜600万円程度になるようです。しかも、公務員という立場であるため、安定しているだけではなく、ボーナスも確実に得ることができます。また、勤務年数に応じて昇給も確実にあります。ただ、残業や夜勤がないため、こうした手当はつかないので、毎月の給料が一定額より多くなることはありません。

民間企業や団体などに勤める産業保健師は、当然、その企業・団体が定めた給与に準ずることになります。上場企業の正社員として勤務する人もいれば、中小企業のパート・アルバイトとして働く人もいるので、収入にはかなりのバラツキがあります。大企業の保健師として働く場合であれば、月収30〜40万円、ボーナスも確実に出るので、年収ベースで見ても、かなりの収入が見込めます。ただし、大企業の場合は、保健師が対象とする社員やその家族の人数も多いため、業務は多忙になると考えたほうがいいでしょう。

中小企業で保健師として勤務する場合は、月収20〜30万円が目安となります。大企業に比べると、対象とする社員・家族の数が少ないので、その分、仕事は楽ですが、年収や安定度は高いとはいえません。実際、看護師から転職して保健師として中小企業に入ると、年収がダウンすることも珍しくありません。もっとも、残業は滅多にありませんし、看護師のように夜勤もないので、規則正しい生活を希望する看護師には適した職場といえるでしょう。

看護師の仕事はハードなうえに、交替制勤務で夜勤もあるため大変不規則な生活を強いられることになります。しかも、急患などで残業しなければならないケースも少なくありません。こうした肉体的な負担だけではなく、病院や診療科、職場でのポジションなどによっては、極めて高い集中力が求められることもあり、精神的にもかなりの負担となります。それに耐えられるだけの高いモチベーションを持ち、それに見合った高収入を得ることを望む看護師もいますが、保健師はこうしたハードさとは無縁の仕事といえます。

高収入を得るよりも安定的でゆったりした環境で働きたいという看護師には、保健師の仕事は最適といえるでしょう。ただし、日常的に専門知識を求められるので、日々、勉強や研究に努めなければなりません。また、保健師は、契約社員や派遣社員であったとしても、一般職より給料が高めで好待遇を受けることができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ