TOPページへ < 質問 < 保健師に関する質問

保健師の働く場所はどれくらいあるの?

転職サイトランキングはコチラ!

「保健師助産師看護師法」改正によって、保健師の活躍の場は一気に広がりました。働く場所が増えたことによって、保健師の業務内容も実に多彩になってきています。これまで「保健師」という言葉を聞いても、どんな仕事をしているのかわからない、あるいは「保健師」という職業があることさえ知らない人が少なくありませんでしたが、行政による積極的な啓蒙活動のおかげで、保健師の存在と、保健師が担う重要な役割が広く一般にも知られるようになりました。そして、保健師は自分の健康にも直接関わっている大切な存在であることも認知されるようになってきています。実際、保健師の業務の基本は、すべての人を対象としており、健康的・衛生的で安全な生活環境を見守るとともに、人々が心身ともに健全な暮らしを送るための支援を行なうことにあります。

保健師が働く場所は、その業務の性質上、公的機関がもっとも多いといえます。実際、保健師の国家資格の取得者のおよそ8割は自治体(都道府県や市区町村)の役所・役場などに勤務する公務員として、あるいは行政と関連のある職場で働いています。こうした「行政保健師」は、地域住民の健康・保健に関する様々な問題の相談にのることで、ベストの問題解決を目指して実施することが業務の中心です。そもそも保健師や看護師を志す人というのは、福祉に関する強い関心や、奉仕の精神を持っているので、保健師としての業務は大変「やりがい」のある仕事だといえるでしょう。

保健師の主な活躍の場である行政関連では、保健所も代表的な就職先のひとつです。保健所での業務内容は市区町村の保健師と重複する部分もありますが、保健所に限った保健師の業務としては、インフルエンザをはじめとする感染症の蔓延防止や、普段からの予防の啓蒙活動などがあります。

保健師の働き場所として、近年、増加傾向にあるのが、企業などに勤務する「産業保健師」です。現代社会が急速に発展するなか、企業の社員・従業員が、安全な環境のもと、健全に業務に従事することができるように、計画・立案・実行するのが産業保健師の重要な仕事です。また、社員だけではなく雇用主も含めた、すべての人の健康管理も欠かせない業務のひとつです。

産業保健師としての勤務先は一般の民間企業であるため、その身分は企業の「社員」ということになります。また、産業保健師の活躍の場は企業だけではなく、小規模企業が連合した団体に勤務し、その団体に所属している各企業を定期的に訪問して、保健師業務を行なうースもあります。

さらに、社会の高齢化に伴い、増加する老人センターや介護施設、地域包括支援センター、学校などの教育機関、病院や診療所、託児所などで保健師の需要が高まっています。保健師の働く場所は非常に多岐にわたり、今後もますます拡大していくことが予想されています。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ