TOPページへ < 質問 < 保健師に関する質問

保健師の離職率ってどれくらい?

転職サイトランキングはコチラ!

自治体(都道府県や市区町村)や保健所などで行政保健師として従事することが多い保健師は、公務員と同様の待遇が受けられ、安定性も高いことから離職率は低いとされていました。ところが、ここ数年、保健師の離職率は、残念ながら増加傾向にあります。

保健師の離職率が増加しているのは、法改正にその原因があるとされています。保健師助産師看護師法の改正点には、いくつかの注目点があります。まず第一にあげられるのは、社会全体が高学歴化しているなか、保健師養成課程ではコンパクトな総合カリキュラムが設置され、時代に逆行した4年間の保健師養成コースを策定実施しているということがあります。

近年、保健師の離職率が増加しているのは、この新養成コースを卒業して社会に出た保健師に起因しているとされています。というのは、以前の保健師助産婦看護師法では、臨床研修に重点を置き、在学中から卒業後にわたって臨床に注意が払われていたにもかかわらず、コンパクトにまとめられた総合カリキュラムでは、総時間が1年間短縮されてしまいました。

そればかりか、日進月歩で開発が進む医療技術の習得時間に圧迫されてしまい、医療の現場を体験する重要な機会である臨床研修が縮小されてしまっているのが実態なのです。さらに、保健師臨床研修が必修除外になるという方針が策定中で、これが実施されることになれば、ますます離職率が高まることは必至と見られています。

そもそも臨床実習といのは、将来、実際に行なうすべての業務に対して行なわれるのが理想といえます。しかし、保健師の業務はあまりにも多種多様であるため、実習の中心となるのは行政保健師や保健所保健師の業務についてが中心になっており、そのほかの臨床実習はほとんど行なわれていないのが現実なのです。

改正前の法律では、大学に進学して保健師の免許を取得する人よりも、3年間の看護師養成機関を卒業後、向上心のある看護師たちが働きながら学費を蓄え、1年間の保健師養成学校に進学し、保健師の資格を取得するケースのほうが多くありました。看護師として働いていた期間は、保健師として働くうえでも価値のある貴重な臨床体験の期間でもあったわけです。

このように、保健師の離職率が増加しているのは、臨床研修を必修から外したカリキュラムが実施されていることに起因しています。保健師は、看護師と違って患者を直接的に看護することはありませんが、対象としている相手は、学校、企業、地域などのすべての人であるため、保健師にとって臨床研修は絶対に欠かせないものだといえるでしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ