TOPページへ < 質問 < 保健師に関する質問

保健師って基本的にどんな仕事しているの?

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の働き場所は、主に市町村の保健センターや保健所、企業、学校、訪問看護ステーションなどがあります。働く場所によって対象となる人は異なるものの、保健師は個人と集団の視点から健康問題をとらえて支援を行ないます。たとえば、健康相談を開設して健康に関する相談にのったり、病気予防のための健康教育を行ないます。また、健康診断によって早期に病気を発見する活動を行ないます。保健師は、個人だけではなく、その家族や、企業・団体などの集団、さらには地域全体を対象として、広く看護活動を行なうため、個人の健康や生活の状態、地域社会の現状に関する知識も求められます。

市町村の保健センターでは、母親学級や妊婦相談にのったり、乳児がいる家庭を訪問するなど、“母子”を対象とした活動のほか、成人への健康診断・保健指導、さらに生活習慣病の予防教室を開設したり、痴呆症患者の自宅への訪問を行ないます。

保健所の保健師は、管轄している市町村の住民の健康問題を把握し、医療関係者などと協力して保健計画を作成・実施します。保健関係の研修の企画・実施、地域のケアシステムについての検討会の開催、結核の蔓延防止、O-157をはじめとする感染症対策なども保健師の重要な業務です。こうした日常的な業務のほか、災害が発生したときには、保健所が中心となって地域住民の健康保持のために活動することになります。

病院や診療所に保健師を配置するケースも多くなっており、患者の健康相談・療養相談にのったり、療養効果を高めるために病棟と連携して活動します。患者が退院した後も、訪問看護を実施してアフターフォローを行なうこともあります。

保育所や児童相談所などの児童施設では、保育士と連携して健康診断や予防接種の実施のほか、児童施設の環境を管理します。近年、乳幼児への虐待が増えていることもあり、ケースワーカーや心理相談員、さらに医師などと連携することで虐待の防止にも努めています。

最近は市町村の福祉課などに保健師が配属されるケースも多く、ケースワーカーやホームヘルパーと協力して、高齢者や障がい者の介護などをするようになっています。寝たきりの高齢者宅を訪問して日常生活を支援したり、その家庭の状況や近所との関係などを把握し、何らかの問題点が見つかれば改善策を立てて実施します。福祉サービスやリハビリなどが必要な場合は、そのための調整を行ない、高齢者・障がい者が自立した生活を送れるよう支援を行ないます。

企業などの産業保健師は、労働による健康障害を予防したり、従業員が快適に働けるように職場環境を改善していく役割があるため、労働に関する法律の知識が求められます。職場での健康や衛生面についての相談にのったり、健康教育・指導、健康診断などを行ないます。また、ストレスなどによる精神疾患、過労死などを防ぐために、職場環境を観察し、健康問題の早期発見・健康管理を行ないます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ