TOPページへ < 質問 < 保健師に関する質問

新卒での就職は看護師がいいの?保健師がいいの?

転職サイトランキングはコチラ!

保健師助産師看護師法の改正によって、保健師の資格を取得するためには、看護師の国家試験に合格していなければなりません。保健師と看護師は仕事の内容は異なるものの、資格を取得するうえでは、両者はセットの関係にあります。そのため、保健師の資格を持っている人は看護師の資格も持っていることになるため、どちらの職業にも就くことができます。

そこで、新卒者が就職する場合、保健師と看護師のどちらがいいのか?という疑問が出てきます。自分の希望次第でどちらも可能なので、悩む人がいるのも当然のことといえるでしょう。

新卒者にとって保健師と看護師のどちらが就職先としてベストかということについては、結論から言うと、どちらでもOKということになるでしょう。保健師の資格を持っていれば、たとえば市町村の役所・役場でも新卒者の求人を出しているので、安定した職場で働くことができます。ただし、募集人数は非常に少なく、毎年、数名程度しか採用しないのが一般的です。また、産業保健師を配置するような大企業であったとしても、多くの人員を採用することはないので、就職先を探すのは決して容易なことではありません。

そこで、まず看護師として就職し、ある程度の経験を積んでから保健師に転職するというケースが多く、また、そのほうが理想的ではないかと考えられているようです。看護師は、保健師と違って様々な臨床経験ができます。こうした医療現場での経験は、その後、保健師として働くうえでも非常に有利になります。

たとえば保健所などで保健師として仕事をすることになった場合、その地域の住民の健康相談・保健相談を行なうことになります。その際、対象となるのは、乳児の検診や、その母親の相談といったように、“母子”に関することが中心になります。幼いわが子の健康や成長に関する相談をする母親の立場からすると、病院など医療の現場で臨床経験を持たない保健師が相手では心もとないという面がありますし、また、「資格を持っているだけ」の保健師では、教科書どおりの指導しかできず、母親はもちろんのことながら、地域の多くの人々に貢献することができない可能性があります。

しかし、看護師として働いた経験を持つ保健師というのは、医療全般に関する知識や考え方が豊かで、それをもとにした応用もできるため、その言葉に幅や奥深さを持たせ、力強い説得力があるものです。こうしたことは、健康などについて保健師に相談する側からすると、実に頼もしくもあり、心強いものです。言い換えれば、それだけ住民の信頼を得ることができ、地域に貢献することができるというわけです。

また、待遇面でも看護師より保健師のほうが優遇されるので、より高収入を得ることができます。そのため、新卒者の場合は、まずは看護師として就職して臨床経験を積み、その経験を活かして保健師に転職するのが理想的といえるでしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ