TOPページへ < 質問 < 保健師に関する質問

保健師として海外留学はできるの?

転職サイトランキングはコチラ!

保健師として働いている人のなかには海外への留学を考えている人や、留学経験を持つ人が少なくありません。なぜなら、海外留学経験は保健師として就職する際に大きなプラスポイントとなるからです。保健師の国家試験に合格してから留学する人もいれば、いったん保健師として就職した後、さらに専門性を高めるために一時退職して留学する人もいます。いずれの場合も、自分自身のステップアップを目的としているわけです。

最先端医療の国に留学して学ぶことは、医療の面でも大きなプラスになります。特に、医療分野において世界最先端のアメリカに留学した経験がある人は、就職の際にもかなり有利になります。アメリカに限らず、医療が発展している国であれば、当然、高い評価を得ることができ、就職にも有利に働きます。特に、専門性の高い分野を学ぶことによって、より大きな強みになるのはいうまでもありません。

留学先は、医療の最先端国に限らず、むしろ逆に発展途上国も対象になります。幼い子供が生きていくだけでも苦労の多い国の実態を目の当たりにすることにより、生命の尊さや生きる意味などを学ぶことができます。

海外留学は、その国がどのような環境であったとしても、日本とは異なる医療の現場を経験したということで、必ずや保健師という職業にもプラスになることが多くあるので、就職活動においても、また就職した現場においても大きな威力を発揮することは確かです。

また、留学は医療分野に限らず、英語をはじめとした他国の言語を習得する語学留学も就職に有利になります。特に、企業の産業保健師になる場合は英語力が求められることが少なくありません。もちろん、英語学習は日本国内でも可能なので、英会話学校や語学専門学校で学び、TOEICで高い点数を取ることもできます。しかし、実際の現場で英語を話す際には、留学経験がある人とそうではない人とでは大きな差があります。TOEICで低い点数しか取れなかった人でも、現場では会話をすることができるようになるといわれています。なぜなら、現場ではまず言葉が理解できないと行動することができないので、必死になって理解しようと頭をフル回転させるからです。こうして得られた自信は、就職活動を行なううえでも大きな糧となることは間違いありません。

海外に留学し、そのまま海外で保健師として働く道を選ぶ人も多くいます。日本と海外では医療現場の環境が大きく異なりますが、そうしたなかで自分の目指す保健師像を見出すためのようです。その後、帰国したとしても、再就職の際には留学経験を活かすことができるので、決して無駄になることはありません。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ