TOPページへ < 質問 < 保健師に関する質問

保健師は今足りているの?

転職サイトランキングはコチラ!

現在、保健師は全国的に不足している状態が続いており、深刻な問題となりつつあります。保健師が不足している原因として一番にあげられるものに「特定健診制度」があります。この特定検診制度が開始されたことにより、保健師に対する社会的なニーズが一気に高まり、現状が追いついていないからなのです。

この特定健診制度が開始されたことで、より多くの保健師が求められるようになったにもかかわらず、現時点においては保健師の資格を持つ人がまだまだ少ないのです。こうした需要と供給のバランスが崩れて保健師不足という現状を招いてしまっているわけです。看護師の資格を持っている人は非常に多い一方、保健師は看護師ほど認知度が高くないこともあり、資格を持っている人が圧倒的に少ないのが実情なのです。実際、全国にはおよそ82万人の看護師がいるのに対し、保健師の資格を持つ人は、わずか4万人ほどしかいないのです。この数字からも、いかに保健師の資格保持者が少ないかがわかるはずです。

さらに、保健師助産師看護師法が改正されたことによって、看護師国家試験に合格していなければ保健師国家試験に合格しても保健師の資格を取得できないため、こうしたハードルの高さも手伝って保健師資格保持者が少なく、慢性的な不足状態の原因となっています。 社会からのニーズが高まり、より多くの保健師が必要とされているにもかかわらず、不足状態にあるということは、非常に深刻な問題といえます。

「特定健診制度」によって特定健康診査や特定保健師指導が始まったにもかかわらず、保健師は全国にわずか4万人しかいないわけですから、国民の人口から考えても足りないことは明らかです。こうした状況に対応するため、保健師が所属する「日看協(公益社団法人日本看護協会)」では、約1万人の保健師が保健指導に携ることになると考えられています。そして、日看協でもより多くの保健師を育成するために力を入れるようになりました。

そもそも保健師は、看護師などと違って、あまり目立つ職業ではなく、また世間一般での認知度が低い、非常に地味なポジションにあるといえます。しかし、介護保険法が改正されるなど、様々な制度の変化に伴って、社会的にも必要不可欠な重要な存在となってきています。

保健師の活躍の場は、個人を中心に対応する保健所などにとどまらず、企業における産業保健師や、学校など教育機関での活動、さらには地域全体など、実に幅広い場での活躍が期待できます。こうしたことから、今後は保健師の資格保持者がどんどん増えていくことが強く望まれています。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ