TOPページへ < 質問 < 保健師求人に関する質問

行政保健師の求人は民間求人サイトにもありますか?

転職サイトランキングはコチラ!

自治体(都道府県や市区町村)や保健所で働く「行政保健師」は公務員という立場になるため、就職を希望する場合は公務員採用試験を受験し合格する必要があります。採用試験の日程や問題の傾向などは、それぞれの自治体によって異なるので、希望の勤務地の採用動向をあらかじめしっかりと把握し、適切に対応することが大事です。

行政保健師の求人は、大学などで募集要項が公開されることもあるので、関連がある人は見逃さないようにしましょう。また、それぞれの地域の医療系の雑誌などにも掲載されることがあるので、しっかりと目を通しておきましょう。いずれにせよ、自治体での保健師の募集枠は「若干名」となっていることがほとんどなので、競争が激しいことは覚悟しておいたほうがいいでしょう。また、採用試験の日程が重複しなければ、複数の地域の自治体を候補として挙げておき、順次、受験していくのも有効な方法といえるでしょう。

また、自治体などの正規の職員という立場にこだわらない場合であれば、非常勤の募集や、産休・育休に入った正規職員の代わりの職員の求人が出ることもあります。こうした非正規・臨時の求人は、いつ、どこの地域で出るかわからないので、全国の求人情報をまとめた求人情報サイトや就職・転職支援サービスなどに登録しておくといいでしょう。その際は、できるだけ大手で知名度の高い安定した企業が運営しているサイトのほうが、より多くの求人情報を扱っているといえます。

こうした情報サイトや転職支援サービスは、無料で登録することによって詳細な内容を閲覧できたり、個別のサービスを受けられるシステムになっているところが多いので、まずは登録するところから始めましょう。単に仕事の紹介だけではなく、希望に合った職場に就職・転職できるまでサポートを受けることができるので、大変、心強い存在といえます。扱っている求人案件は、正規の職員のほか、非常勤や嘱託職員の募集も数多く扱っているので、それぞれのライフスタイルに合わせて有効に活用しましょう。

情報サイトや転職支援サービスでは、病院などの医療機関や企業勤務の産業保健師の求人案件も扱っているので、こうした職場で経験を積んでから、希望する地域の行政保健師にステップアップするという方法もあります。というのは、行政保健師の求人は決して多くはないので、希望地域での行政保健師の仕事がない場合は、まずは求人の多い産業保健師として働いてスキルアップするというルートもあるからです。

基本的に募集枠の少ない行政保健師を目指す場合は、厳しい道のりが予想されますが、どこの自治体でも保健師の需要は必ずあるので、諦めずに根気強くチャレンジしていきましょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ