TOPページへ < 質問 < 保健師求人に関する質問

病院勤務の保健師求人はあるの?

転職サイトランキングはコチラ!

保健師は、学校などの教育機関で働く「学校保健師」、企業などに勤務する「産業保健師」、自治体(都道府県や市区町村)の「行政保健師」の3つに大別され、病院に勤務するのは「看護師」に限られると思われがちですが、実は病院でも保健師の求人はあります。

病院勤務の保健師の仕事は、それぞれの病院によって異なりますが、小児科での検診後の指導や、入院患者の退院後の指導、あるいは外来患者への健康教室の実施などがあります。また、地域と連携している病院の場合は、訪問看護などの仕事を行なうこともあります。

病院勤務の保健師の業務は、看護師よりも楽だと思われがちですが、病院によっては看護師と同様にシフト制で勤務し、夜勤がある場合もあるので、必ずしも看護師より楽とは限りません。もちろん、病院によっては、保健師と看護師は完全に区分けされており、保健師としての業務に専念できるところもあります。さらに、保健業務や看護業務全般の管理者として採用されるケースもあり、責任の大きな仕事を任されることになります。

給料についても病院によってまちまちですが、看護師と同程度の場合もあるようです。フルタイムの勤務で残業がない病院の場合は、年収400万円程度からになっているのが一般的です。夜勤や残業があるなど、勤務状況によって、さらに収入が多くなる病院もあります。個人病院のような小さな病院の場合は、休日も確実に取れますし、また総合病院などの大病院の場合も、外来勤務を選ぶことで、やはり確実に休日を取ることができます。

スキルアップのために病院に勤務する保健師も少なくありません。病院での臨床経験があれば、それを活かして企業での産業保健師や、自治体での行政保健師として就職する道が広がるため、より専門性を高めるために病院で勤務しながら学ぼうというわけです。保健師としての専門知識を必要としている職場は数多くあるので、病院で専門分野を学びながら仕事をすることには大きなメリットがあるといえます。病院勤務の経験があるということは、就職や転職の際に大きなアピールポイントになることは確かです。

求人数に関しては、都市部では比較的増加傾向にあるものの、それ以外では病院の保健師の求人は決して多くはありません。実際、地域のハローワークなどでは保健師の求人を目にすることはまずありません。外来勤務の求人があったとしても、条件の良い病院は少ないようです。また、求人情報サイトなどでも、求人が出ると希望者が殺到し、競争率が高くなっています。

病院勤務の保健師の求人を探す場合は、保健師や看護師など医療分野に特化した就職転職支援サービスなどを利用するのが一番効率的でしょう。専門のコンサルタントが個別に対応し、希望に合った勤務先を見つけてくれるでしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ