TOPページへ < 質問 < 産業保健師に関する質問

産業保健師の業務内容って?

転職サイトランキングはコチラ!

企業・団体などに勤務する「産業保健師」は、その企業の経営状態の向上・発展のために社員・従業員が快適に仕事に取り組むことができるようモニタリングし、心身両面の健康に関するケアを行なうことを主たる業務としています。企業・団体など組織内における健康管理業務を行なうため、労働安全衛生法で定める労働活動と保健指導に基づき、各企業や経済のために勤労者と企業を支援するという重要な役割を担うことになります。

通常、企業などでは定期的な健康診断が実施されていますが、企業側は健康診断の結果など詳細な情報を十分に把握・活用できていないケースが多くあります。そのため、産業保健師が健康診断によって得られた情報をもとに、社員の労働条件・環境などの改善、問題解決のための方法を検討・実施します。

産業保健師は、社員などの健康状態をチェックするという単純な業務だけではなく、何らかの不具合・不調が生じている場合には、その原因究明を行ない、そして改善へと導いていくことになります。身体の健康だけではなく、仕事上の悩みなどに関する心のケアも行ないます。そのため、社員が気軽に話しができるような人柄はもちろん、高いコミュニケーション能力が求められます。

産業保健師は、その業務の性質上、精神的負担が大きく、ストレスがたまりやすい職業といえます。そのため、職場を選ぶ際には、保健師としての業務をしっかりと遂行でき、また業務に障害となる不安要素のない企業・団体を選ぶことが大切です。産業保健師は、社員・従業員などの健康管理業務だけではなく、人事に関しても、各社員の健康を考慮したうえで支援することとなります。つまり、企業の経営に関わる重要なポストでもあるので、産業保健師として働くうえでは、職場選びには慎重さが求められます。

産業保健師は、勤務する企業内において、その会社の事情、経営状況、社員事情をしっかりと把握し、その時々に応じて、会社経営のために、そして社員のために神経を使う業務だといえます。それだけに、産業保健師を目指す人は、自分自身がストレスなく快適に働き、業務を円滑に遂行できる職場を選ばなければ、継続していくことは非常に難しいといえます。

産業保健師の求人は、学校保健師や行政保健師よりも比較的多くあります。しかし、収入面だけに目を奪われて、安易に就職すると後悔する可能性もあります。そうしたことのないように、産業保健師を目指す場合は、保健師や看護師といった医療分野に特化した転職情報サイトや支援サービスを利用して、より自分に合った職場を選ぶことが大事です。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ