TOPページへ < 質問 < 産業保健師に関する質問

産業保健師と産業看護師の違いは?

転職サイトランキングはコチラ!

産業保健師とよく間違われたり、混同される仕事に「産業看護師」があります。名称だけを見ると同じもののように思われがちですが、両者はまったくの別物です。

産業看護師とは、企業内で働く看護師のことで、その企業の社員・従業員を対象として、医師の医療行為の補助のほか、予防医学の観点から、健康に関する相談や指導を行ないます。学校でいえば、「保健室の先生」のイメージに近いでしょう。わが国の法律においては、それぞれの企業内で社員・従業員の健康と安全が保持されるように環境を整備するよう定められていることから、産業看護師というポジションが設けられるようになりました。とはいえ、産業看護師として働く看護師が、病院などに勤務する看護師とは異なる性質を持っているというわけではなく、どちらも同じ「看護師」であることに変わりはありません。

ただし、「産業看護師」という国家資格があるわけではありません。産業看護師は、日本産業衛生学会の産業看護部会によって認定された看護師が登録される制度であり、ここに登録されるには、日本産業衛生学会産業看護部会の規定する「産業看護基礎コース」の全課程を修了し、産業看護に関して十分な知識と経験を有していると認められなければなりません。

しかし、看護師なら誰でも登録可能なわけではなく、対象となるのは看護師と保健師に限られ、准看護師は対象外となっています。さらに、日本産業衛生学会や産業看護部会の会員であることや、産業看護の実務経験が2年以上あること、そして一般衛生管理者の免許を取得していることなどの条件をクリアしなければなりません。

企業で働く産業看護師は、その企業の従業員の1人でもあり、その立場から他の社員・従業員の健康管理を任されるので、非常に大きな責任を担う立場だといえます。その分、大きなやりがいを得られる仕事なので、看護師としての知識や経験を存分に発揮して活躍できる仕事でもあります。

病院などの看護師として働くことに行き詰まりを感じたり、乗り越えることが困難な大きな壁に直面し、自分の将来を考えたときなどには、「産業看護師」への転職も視野に入れてみるといいでしょう。一般の民間企業で働くことによって、それまでの病院などでの業務とは違った新たなやりがいや生きがいを見つけられる可能性もあります。また、高収入・高待遇の職場への転職も可能なので、看護師に特化した求人サイトや転職支援サービスを利用してみるといいでしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ