TOPページへ < 質問 < 産業保健師に関する質問

産業保健師の年収はどれくらい?

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の資格というのは、看護師国家試験と保健師国家試験の両方に合格してはじめて取得できるものなので、誰でも簡単になれるものではありません。保健師は大変な努力を要する国家資格なので、その資格を活かして学校保健師や産業保健師、行政保健師として働いている人の年収は、安定的に高い水準にあります。

全国の保健師の年収は500万円前後が一般的です。もちろん500万円に届かない人もいれば、大幅に上回っている人もいます。保健師の年収に大きな幅が生じるのは、勤務先によるところが大きいといえます。つまり、同じ保健師でも、どこに勤めるかで年収が大きく違ってくるということです。

また、初任給で見てみると、企業・団体、あるいは地域によって異なるものの、おおむね20万円が一般的なので、一般の会社員などよりは高めとなっています。さらに、昇給の条件も良いところが多く、経験を積むほど年収アップが見込めます。

保健師の資格を取得した人は、まず保健師としてどんな仕事をするのかを考える必要があります。つまり、企業の社員・従業員、雇用主などの健康維持・増進に貢献する「産業保健師」になるのか、地域住民のために自治体(都道府県や市区町村)で公務員として「行政保健師」になるのか、あるいは学校などの教育機関で児童・生徒、教職員の健康管理のために「学校保健師」になるのか、大きく分けて3つの選択肢があります。

保健師には、勤務場所によって「産業保健師」「行政保健師」「学校保健師」といった区分があるものの、平均年収・給与は基本的にはほぼ同等といえます。しかし、勤務する場所によって、大きな差が出てきます。仕事の「やりがい」はもちろん、より高収入が期待できる勤務先を選ぶというのも間違った考えではありません。

行政保健師や学校保健師は公務員という立場になるため、その年収・給料は一般の公務員に準ずることになります。一方、産業保健師の場合は勤務先が民間企業が中心であるため、その企業の規模などによって収入はまちまちなので、具体的な金額をあげることはできません。ただ、はっきりいえることは、大企業ほど、高収入を期待できるということです。中小企業では、経営状態が景気に左右されやすく、収入ばかりか雇用の面でも不安定な部分があります。しかし、大企業であれば、公務員ほどではないにしても、ある程度の安定感があり、給料についても高い水準に設定されているケースが少なくないので、平均を大きく上回る高収入を得ることも可能です。

ただし、大企業に限らず、産業保健師の求人は必ずしも多くはありません。むしろ、見つけるのが難しいといえるでしょう。それでも産業保健師を目指すのであれば、保健師や看護師といった医療分野に特化した転職支援サービスなどを利用するといいでしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ