TOPページへ < 質問 < 産業保健師に関する質問

産業保健師は狭き門?

転職サイトランキングはコチラ!

「産業保健師」は、企業・団体において、社員・従業員、さらには雇用主などすべての人の健康保持・増進・管理業務、病気の予防対策などを行なう重要な立場にあります。職場となるのは、その企業が設置した医務室や健康管理室で、そこで社員などの健康相談や悩み相談にのり、適切な改善法の指導・アドバイスを行ないます。もちろん、定期的な健康診断なども産業保健師の重要な仕事のひとつです。

産業保健師に限らず、保健師というのは肉体的な健康面だけを対象としているのではなく、人間関係の悩みや職場に対する不満、ストレスといった精神面の健康にも配慮し、心のケアを行ないます。近年、社会の複雑化によってストレスの要因となるものが多くなり、うまくストレスを解消できずにうつ病など心の病を患って休職・退職する人が急増しているため、こうした状況に対応・改善していくためにも産業保健師の必要性は高まっているといえます。

社員の悩みをじっくりと聞き、その悩みを完全に解消するまではいかないにしても、かなり軽減させることは可能であり、産業保健師は社員の健康ケア、悩みの軽減という役割も担っているわけです。健康問題や心の問題によって体調不良が現れている場合は、症状を悪化させないためのケアも必要です。場合によっては、外部の病院の医師と連携して治療に向けた手配なども行ないます。

このように産業保健師は企業内において非常に重要なポジションにあり、その分、やりがいのある仕事でもあるため、企業への就職を希望する保健師は少なくありませんが、残念ながら産業保健師の求人は決して多くはありません。特に、中小企業の場合は保健師を雇用するだけの余裕がないというケースもあります。また、すでに保健師を雇用している大企業でも、複数の保健師を雇うことはあまりありません。欠員が出た場合に限り、求人を出すケースが多く、毎年、新規で採用するようなことはありません。

こうした企業側の事情から、産業保健師を目指して保健師の資格を取得したとしても、なかなか希望の仕事が見つからないというのが現状で、産業保健師になるのは「狭き門」といえます。

このような厳しい現状のなか、産業保健師になるにはまず求人を見つけるところから始めなければなりません。産業保健師の求人を見つけるには、保健師や看護師といった医療分野に特化した転職サイトや転職支援サービスを利用するのが一番の近道といえるでしょう。

産業保健師の求人は、一般の仕事の求人情報サイトに掲載されていることはまずないので、自力で見つけるのは至難の業といえます。しかし、医療分野に特化した転職支援サービスなどを利用すれば、通常は目にすることができない職業・職種の求人を見つけることが可能なので、転職を考えている人は、ぜひ利用してみるといいでしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ